TOP > IT・テクノロジー > LSDなどの幻覚剤は、脳を「高次の意識状態」にする:英研究結果|WIRED.jp

LSDなどの幻覚剤は、脳を「高次の意識状態」にする:英研究結果|WIRED.jp

53コメント 登録日時:2017-05-29 21:32 | WIREDキャッシュ

LSDなどの幻覚剤を使うと、精神が開放されたり、感覚が研ぎ澄まされたりするといわれる。英大学の研究により、そうした体験が起きることが脳科学的に説明されたという。...

ツイッターのコメント(53)

ジョブズも「LSDは人生最高の経験の1つ」って言ってたよな。
単純に「ラリっちゃう」だけじゃなくて、どうも意識・認識・脳機能の拡張みたいな効果があるらしく、
PCで言うオーバークロック的な感覚があるようだ。
今回の研究の被験者らは、LSD、シロシビン、ケタミンの投与を受けた。実験では、被験者の意識レヴェルを反映する脳活動を記録するため、脳の電気的な活動によって生じる磁場を計測する技術、脳磁図(MEG)が用いられた。LSDなどの幻覚剤は、脳を「高次の意識状態」にする
@wired_jp
1970年代の科学者や映画などのメディア創作者にLSDが流行った時期があったけど、ただラリってるだけじゃなくて創作に対しての何かしらの効果はあったのか。
LSDとヨガやメディテーションの効果は似てる
@wired_jp

つまり脳に瞳を得たわけか……
こういうのはどうしても受け入れられない。自然に状態変化するのとエンハンスした変化は異なると感じている。否定するのではない、違うと感じているのだ。

@wired_jp
@wired_jp

やっぱり意識に関しては統合が深く関わってるのは間違いない
これが脳科学的に証明されたことで医学転用が進むといいなぁ
殆どの人に毒になるものがある人の薬になることなんて良くあることだろうし
幻覚=悪い物。
その考えはあなたが考えた上で出た答えですか?
そう思い込まされてるだけじゃないですか?
海外ドラマの『フリンジ』思い出した♪

@wired_jp
人間が薬に頼らずに、意識的に高次状態に入れるようになればいいのに。

@wired_jp
WIREDが幻覚剤に肯定的な情報をよく流してるのは晩年のティモシーリアリーが影響を与えたモンド2000という雑誌がWIRED誌に発展したから。
@wired_jp
2017年の研究で、通常よりも脳神経が多様なネットワークを構築し、ハイな意識状態になる。

達観、癒しなどの効果が見られる。

じゃあ、そんなに悪くないんじゃない?って突っ込みたいよね。
興味深い。ハタヨギーの諸君、シルシャーサナを頑張るんだ。
@wired_jp

これが本当なら、未来に学園都市が出来ちゃうじゃんよ
末期の病気になったらヤクに手を出そう

@wired_jp
こういう調査は研究者の認識に大きく左右されるよなあ
@wired_jp
@wired_jp
瞳が増えるよ!
宇宙は空にあるよ!!
@wired_jp  ホフマンの面白いドキュメンタリー作品を昔見たけど、もうほとんど内容忘れちゃったな
奇しくも通信課程の講評会で、S教授が「今年は皆さん、発想が斬新でした」と評したので「暑かったからじゃないですか?ボーッとできたから視野が広がった」と応えた。納得されないので「このなかに実技学科の方いますか?… 三秒でボーッに入れますよね?創造的感覚に」と。
<アーカイヴ記事>
>あくまで数学的に計測・分析された「高次の意識状態」とは、起床時よりもさらに脳神経の繋がりが多様化した状態にあるというだけのことであり、通常よりも望ましい、またはよい意識状態という意味ではないという。
ふむ。やっぱ60年代に流行ったLSDアートは実際に効果あったんだな、ラリってるだけで無くて。➝
LSDなどの幻覚剤は脳を「高次の意識状態」にする



脳神経が活発化した状態を「高次の意識」と呼んではいるけども、やってることは脳をバグらせているだけだものな

更に活性化させたら『何が見えてしまうのか』、気になるところだね
ちょっと古いけど、これもう一度見てみよう。
数学的に計測・分析された「高次の意識状態」WIRED.jp @wired_jp
LSDで”高次の意識状態”へ持ってけるかというけど。おそらく瞑想で到達できる境地。収束より拡散、意識より無意識へと脳を方向付けていく▶︎LSDなどの幻覚剤は、脳を「高次の意識状態」にするWIRED.jp @wired_jp
〈アーカイヴ記事〉
これがなかったらMicrosoftとAppleはなかったんちゃうか?ぐらいに、
注:天才がやるから意味がある
60年代の美術手帖とか見てたら「最先端のLSDアート!」とかだもんな。あれどこ行っちゃったかな→
高次の意識...
大麻やLSDを用いた実験,いつかやってみたい.
えるくってるか
@wired_jp
麻薬はやめよう! という一般論を前置きとして、「意識の高い低い」を定義しているのが興味深い。
@wired_jp
「…精神拡張や無我の境地、また、通常の感覚を大きく卓越した知覚や色彩感覚を誘発する…」「…まるで“子どものころのような状態”…」
※ダメ。ゼッタイ。
@wired_jp  かつてのアーティスト達のクリエイティビティを思い返せば何となく納得です。ただし諸刃の剣かもしれないですが.
薬物の弊害でよくいわれる依存症だけども、もし一生分の薬物があったら依存症関係なしに効果だけを享受することができるんかね? / @wired_jp
LSD死ぬまでに合法化されないもんかね
おれもスティーブジョブズにあやかりたいんだけど
「LSDなどのサイケデリックな薬物は、精神拡張や無我の境地、また、通常の感覚を大きく卓越した知覚や色彩感覚を誘発するようだが、それらがついに脳科学的な裏付けを得た」
『LSDなどの幻覚剤は、脳を「高次の意識状態」にする:英研究結果|WIRED.jp』 - 高次っていう言い方は適切なのかな、この場合。
意識高い勢の皆さん!
「脳神経の繋がりが多様化した状態」か。だから音楽や美術でもすごいもんが出来る時があるのかな。⇒
普通にマツモトキヨシで買える時代こないもんですかね(^^)
音楽家が手を出す理由がここにあるのだろう。ただし、俺は絶対手を出さないけどね。(そんなもの高次とは言わないし、偽物の自分から生まれたものに興味はない)
へぇ
そういえばLSDが歌詞で出てくる、
カサビアンのカット・オフって曲、大好きなんだよなぁ
ティモシー・リアリーなんかが言ってたことが、実験で確認された…ということかな? / “LSDなどの幻覚剤は、脳を「高次の意識状態」にする:英研究結果|WIRED.jp”
@wired_jp
英サセックス大学とインペリアル・カレッジ・ロンドンの共同研究

記事は、プラスの効果の事しか書いてないが、果たして論文は…
「 “ハイ” な状態にある脳の電気的活動は、通常の意識状態よりも統合性に欠け、予測しづらくなってしまう」とアニル・セス氏は言うが、それは必ずしも錯乱ではないという知見。
オルタードステイツってやつですか?
以上

記事本文: LSDなどの幻覚剤は、脳を「高次の意識状態」にする:英研究結果|WIRED.jp