TOP > IT・テクノロジー > 米海兵隊は「2030年の闘い」に備えるためにSFを読む|WIRED.jp

米海兵隊は「2030年の闘い」に備えるためにSFを読む|WIRED.jp

36コメント 登録日時:2017-03-18 19:45 | WIREDキャッシュ

進化するテクノロジー、天然資源をめぐる争い、不安定化する国際情勢…。変化の速い現代において、予測できない未来に備えるために、米海兵隊は「<a href="/tag/sf/">SF</a>の力」を借りることにした。...

ツイッターのコメント(36)

でもこういう作品はなかなか無いので、楽しみな気持ちが勝る。というか、アメリカ海兵隊は喜んで指揮官らに見せそう
@wired_jp

2017年ではSFを使って備えていたが、2019年だと5Gとか言われたら分からんでもないぐらいにはなっている
米海兵隊は「2030年の闘い」に備えるためにSFコンサルタントを
@wired_jp
久々にこう言う記事読んだけど、すごい面白いね、30年にはもうパワードスーツがあるのか.
@wired_jp
へぇ。米軍面白い事をやっている。
米海兵隊が一生懸命42の意味を分析し、どこでもドアの強襲に備え、クリケットに日々汗を流すのか。シュールや。 @wired_jp
米帝海兵隊が主役のSFといったら、R.A.ハインライン博士の「宇宙の戦士」一択でしょうに
さすがSFが最も普及している国アメリカさんやわ。
〈アーカイヴ記事〉
「海兵隊の上級士官のSFコンテストを開催」「ファイナリストは…『ワールド・ウォーZ』の原作者マックス・ブルックスを含むプロのSF作家たちとペアを」
最先端技術は軍事活用されるから想像もし易いのかな。ビジネスでもSFは大切だと思う。
軍隊って、フィジカルな厳しい訓練のイメージなので意外で良い。予測不能な状況に対応するために、想像力が助けになる。『 ( )』
SF的な技術が次々実用化してきてるから、意味あるのかも。想像力を現実が超えつつある。「士官は来るべき世界を想像し、それに備えるために必要な投資が何かを考えることができます」と。/
面白い♪ 思えばSFってありとあらゆる人類が迫られる危機を描いてきたよな
うーん、いまさら、っていうか、そもそもハイラインとか軍事兵器だかのアイデアとか出してたんじゃないの?
↓軍事に限らずだ…およそサイエンスに無関係に人間生活は続かないから…。いつか岡田斗司夫氏が言ってた(?)、日本では実は政治家が読むべきだと…。加えて行政官も…
最近、マクロスデルタを見たばかりなので、「歌は兵器だ!」というのがリフレインしてしかなたない。マインドを攻撃せよというのは、あり得る話ではあるが。 / “米海兵隊は「2030年の闘い」に備えるためにSFを読む|WIRED.jp”
“海兵隊の上級士官が、今後待ち受ける脅威をこれまでとは異なる方法で想像できるようにするために、SFコンテストを開催”
「わたしたちはこれまで歴史を学ぶよう務めてきたが、今後はもっとSFを学ぶ必要があると考えている」「未知の問題を考えるうえで、フィクションはとてもいい媒体なのです」 →米海兵隊は「2030年の闘い」に備えるためにSFを読む|
そういえば、「頭のいい(偏差値60以上の)男子は当然SFを読んでる」っていう80年代日本の「常識」は今でも有効なんだろうか? →
「わたしたちはこれまで歴史を学ぶよう務めてきたが、今後はもっとSFを学ぶ必要があると考えている」。USMC戦闘研究所の指揮官であるジュリアン・デール・アルフォードは語る。 / “米海兵隊は「2030年の闘い」に備えるためにSFを…”
マイミクさんのつぶやきから。ほう…
”ガンダム”や”エヴァ”が役に立つ日が来るだろうか。
ネタ帳・資料φ(..) >>>
本来的な楽しみ方ではないのでしょうが、確かにSFを読んだり観たりすると、「あ、これ進研ゼミで見たやつ!」という心構えはできますもんね。/
日本人は歴史を重んじ、アメリカ人は未来を重んじる傾向あるなー
軍事転用の倫理性はともかくとして、アーサー・C・クラーク以降SFはセンス・オブ・ワンダーと革新的着想の宝庫だからね、しょうがないね
「わたしたちはこれまで歴史を学ぶよう務めてきたが、今後はもっとSFを学ぶ必要があると考えている」
|| なんと『SFコンサルタント』なる職が在るらしい、小説書くより儲かりそうやん~
“これまで歴史を学ぶよう務めてきたが、今後はもっとSFを学ぶ必要がある” →
食っていけるなら,私も「SFコンサルタント」になりたい.その前にまず,SFライターで生計を立てないと…
そういう情報を取り入れるのは重要。私の会社でさえ、周りにテック系の趣味的な話をする人が少ない。一応そういう会社のはずだけど、部署によるのか。 |
ベトナム戦争もあってSFとミリタリは蜜月を築いたけど、今はテロよりも中国の影響なんだろうか。とりあえずイーガンでも読んで自我について考えればいいのでは。
「虐殺器官」で読んだ<
以上

記事本文: 米海兵隊は「2030年の闘い」に備えるためにSFを読む|WIRED.jp

関連記事