写真家が捉えた、これが「NSAが監視する海底ケーブル」|WIRED.jp

17コメント 2016-10-23 19:18 WIRED

機密施設をテーマにした作品を手がける写真家トレヴァー・パグレンが、エドワード・スノーデンがリークした監視活動でNSAが盗聴しているとされた「世界の海底インターネットケーブル」をテーマにしたシリーズを発...

ツイッターのコメント(17)

「NSAは、世界中の国を結ぶ海底に張り巡らされた大量のケーブルを盗聴しているのだ。」
SFみたいな話し。
ただ、米国がインターネット技術を民間に無償供与したのは、世界の数ヵ所のポイントを通信が必ず経由し、その情報を米国が独占できるから。今の情報も全て傍受されている。

@wired_jp
この情報インフラをテロの標的にされたらヤバいような…
> 一昨年の夏、「グーグルの海底ケーブルがサメに食われた」と話題になっていたが、悪名高きNSAの仕業であったか。だけど、これをテロられた日にゃ目も当てれない事態に至るんでは?
写真家の重要な仕事のひとつであると思う。
NSAは、世界中の国を結ぶ海底に張り巡らされた大量のケーブルを盗聴しているのだ。
象徴的で素晴らしい写真だ
まあ、確かに、スノーデン氏が指摘するような、プリズムその他の監視傍受って、どんな方法で?って訊かれたときに、これで、って指差せるかどうかは大きな違いかも。
NSAのケーブルだったりはしないの?これ盗聴すると色々分かるとかw
←スノーデンファイルまだ途中までしか読んでないからまた読み出すかなぁ…
おお!あのスノーデン映画を撮影した人か!しかもこの写真のホテルはニッコーだよね。こんな場所にケーブルがあるのか。 / (WIRED.jp)
こういう都市伝説みたいな話しは好物です
これって劣化しないのかな / (WIRED.jp)
へぇ。

『写真家が捉えた、これが「NSAが監視する海底ケーブル」|WIRED.jp』
以上
 
PR
PR