J.J.エイブラムス特別寄稿:ぼくがマリオに学んだこと|WIRED.jp

74コメント 2015-11-12 18:38 WIRED

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の監督・脚本を担ったJ.J.エイブラムス。彼は、『WIRED』US版 2009年5月号にて「ゲストエディター」を務めている。その折にJ.J.自らが

ツイッターのコメント(74)

「マンダロリアン」シーズン2のラストネタバレをされて怒りを通り越して深い悲しみしかない。ラストまで観て感動したけど、本当の感動は永遠に失われてしまった。絶対に許さない。ちなみにネタバレの愚かさについてはこの記事でJJが語ってる。
読んでてすごい楽しかった。
スピルバーグの息子なんだよね?
@wired_jp
ちょっと古い記事見つけたんだけど、「過程を楽しまずして結果を手に入れる現代」をマリオを通して語っていてすごく共感した。

@wired_jp
@wired_jp

前半は退屈だったが、マリオ以降は「チート使うと達成感はない」とまあ面白かった。

マリオにセーブ機能がなかったのは1だけだと記憶していたが、2もなかったのね。3はたしかセーブ機能あった。
「さらに試してみて、失敗した。繰り返し。残りは5マリオとなった。5マリオ。」
やはりマリオは単位だったのか…
謎。探求。
インターネットは偶然性が弱い。
過程を伴う実際の体験が重要。
の二点はとても共感です。
コメントしちゃいけないかな。
J.J. Abrams Special Contribution :ぼくがマリオに学んだこと (My having learned from Mario)
|WIRED.jp  彼のゲーム魂に感動してしまった。そしてワロた。
真のダメージは秘密が漏れることではない。それより問題なのは、体験が損なわれることだ。イリュージョンが軽んじられてしまうことだ。別にかまわないという人だっているだろう。でもそれじゃあ... / “「ぼくがマリオに学んだこと」新スタ…”
 
PR
PR