TOP > IT・テクノロジー > iPS細胞から「人工腎臓」をつくりだす研究、また一歩前進|WIRED.jp

iPS細胞から「人工腎臓」をつくりだす研究、また一歩前進|WIRED.jp

22コメント 登録日時:2015-10-25 20:10 | WIREDキャッシュ

人間の腎臓は非常に複雑に構成された器官で、1度機能しなくなると再生しない。今回オーストラリアのマードック小児研究所の研究者チームがヒトiPS細胞を用いて、胚形成期の腎臓に近い構造をつくり、論文が『ネイチャー』誌に掲載された。...

Twitterのコメント(22)

医学の進歩がオレを救けてくれるか?よろしくです。
iPS細胞から「人工腎臓」をつくりだす研究、また一歩前進|WIRED.jp @wired_jp
(10/25)

日本がこれから落ちぶれて貧乏になっていくと、先進国ではiPS細胞から人工臓器を作るが、日本国内では人間から臓器を取る、という時代が来るのだろうか。
現時点では、豚の内臓を人間に移植する研究の方が「手っ取り早い」手段ではありそうだ。いずれはこちらに移行していくんだろうな。

wired_jpより
これを待っていた。ドリーが生まれた時からずっと

« WIRED.jp
@wired_jp: iPS細胞から「人工腎臓」。ヒトiPS細胞を用いて、胚形成期の腎臓に近い構造をつくることにオーストラリアの研究者チームが成功。
iPS細胞から「人工腎臓」。ヒトiPS細胞を用いて、胚形成期の腎臓に近い構造をつくることにオーストラリアの研究者チームが成功。
« WIRED.jp おおお
一方でこちらは再生医療のお話。こっちの研究も進んでおりますなぁ。
完全ではないけど大きな1歩:
すごいな。もうここまで来ているのか。
今後に期待したい。 /
すごい。人口腎臓が実現する未来か。 wired_jpより
わずかな一歩だが、疾患モデル作成には大きく期待が広がる。

wired_jpより
再生医療が進めば人はもっと長く生きることができる。
iPS細胞から「人工腎臓」をつくりだす研究、また一歩前進: 人間の腎臓は非常に複雑に構成された器官で、1度機能しなくなると再生しない。今回オーストラリアのマードック小児研究所の研究者チームがヒトiPS細胞を用...
(WIRED) 人間の腎臓は非常に複雑に構成された器官で、1度機能しなくなると再生しない。今回オースト
ほほー(´・ω・`) でも、お高いのでしょう?
完成しても、保険はきかないだろうし、私が生きてる間に使える値段では無さそう……。
以上

記事本文: iPS細胞から「人工腎臓」をつくりだす研究、また一歩前進|WIRED.jp

関連記事