TOP > IT・テクノロジー > 「3Dプリンターで製造する薬剤」、世界で初めて認可される:米FDA|WIRED.jp

「3Dプリンターで製造する薬剤」、世界で初めて認可される:米FDA|WIRED.jp

28コメント 登録日時:2015-08-10 23:09 | WIREDキャッシュ

米食品医薬品局(FDA)が世界で初めて、「3Dプリンターで製造された薬剤」を認可した。ごく少量の液体を加えるだけで急速に分解する製剤が生産できる、服用量をコントロールできるなどのメリットがある。...

Twitterのコメント(28)

このあたりかな。3Dプリンタが噂されだした頃、ドラッグを作る人がいた。すなわちマリファナだとか薬物だとか。医学も勉強した。興味があったからね。
まぢか。
>「3Dプリンターで製造する薬剤」、世界で初めて認可される:米FDA|
ごく少量の液体を加えるだけで急速に分解する製剤が生産できる、服用量をコントロールできるなどのメリットがある。
「3Dプリンターで製造する薬剤」、世界で初めて認可される


>抗てんかん薬は多くの患者が薬剤を飲み込むのが困難
>急速に分解する薬剤をつくれる
>高容量を1度に服用するのに役立つ

いろんな分野からのアプローチがあるんじゃね
薬も3Dプリンターで作る時代へ
>「3Dプリンターで製造する薬剤」、世界で初めて認可される:米FDA|
メモ 次の英文用
何故 3Dプリンタで…? → 「3Dプリンターで製造する薬剤」、世界で初めて認可される:米FDA|
世界で初めて認可された「3Dプリンターで製造する薬剤」:米FDA
なんかもういよいよって感じする。こういうことに追いつけてない美容業界というか、企業は目つけてるんだろうけど美容師が目つけてないの遅れすぎ
『ごく少量の液体を加えるだけで急速に分解する薬剤をつくれる』……色々とメリットがあるらしい。というか、こんな所も機械に奪われていく職種。

▼「3Dプリンターで製造する薬剤」
世界で初めて認可される:米FDA
wired_jpより
wired_jpより
3Dプリントが思ってもいなかった業界に進出してた。
イマイチ意味が分からんなぁ。なんか不安が残るけど(´・ω・|||)
これは凄い。どんどん色々な材質が可能になって来るなぁ。自宅にプリンタを用意して使うのだろうか。コストはどの位だろう。>
@wired_jp: 「3Dプリンターで製造された薬剤」を、米食品医薬品局(FDA)が世界で初めて認可した。 ”
そー来たか!
が医療の分野にも進出!
技術の発展により医療のコストが減って、医療費も下がったりしないでしょうか!?
(* ゚ー゚)

@wired_jp
メーカーでなく病院や薬局で製剤化をコントロールできれば便利だと思うのだけど. /
@wired_jp: 「3Dプリンターで製造された薬剤」を、米食品医薬品局(FDA)が世界で初めて認可した。
「3Dプリンターで製造する薬剤」世界で初めて認可される、米FDA」

「この技術はMITで迅速な試作品製作のために開発されたもの。Aprecia Pharmaceuticals社は現在このプロセスを用いて製剤化する独占権を保有している」
「3Dプリンターで製造された薬剤」を、米食品医薬品局(FDA)が世界で初めて認可した。
こういう用途もあるんだ
3Dプリンター×食べ物は相性良さそう。
将来的には3Dプリンターで「オーダーメイド偽薬」が製造できる、かも?
お医者さんに処方箋データを送って貰って、自宅で出力して服用する訳だ。|
以上

記事本文: 「3Dプリンターで製造する薬剤」、世界で初めて認可される:米FDA|WIRED.jp

関連記事