TOP > IT・テクノロジー > 永遠に生きる「デジタルクローン」は実現するか|WIRED.jp

永遠に生きる「デジタルクローン」は実現するか|WIRED.jp

26コメント 登録日時:2015-01-27 16:40 | WIREDキャッシュ

SNSなどを通して、自分の経験や思考を、文章や画像、音声などの形でデジタル空間に簡単に残せるようになった。これらの膨大なライフログはもしかしたら、現実のあなた以上に、あなたという存在を象徴しているものかもしれない。NHKスペシャル「NEXT...

Twitterのコメント(26)

@Enul_lPO デジタルクローンが実現すれば
ワンチャンw
私に権力があったらこのビーナさんと会話してみたい!

私の意識をロボットに移せるならば死に際に移す実験してみてほしい。
どうせ死ぬのだから惜しくはない。

そのテクノロジーができるまで長生きしよう(笑)

@wired_jp
自分の思考ロジックや記憶をコンピュータに蓄積しただけでは自分と似てる別実体だが、意識を繋げる(移し替える)ことができれば永遠の生は成り立つ
今ニュースでやってたのをちと調べた。
『No Limit』観た後だけに、余計に色々と考えてしまう。
亡くなっても愛する人を感じていたいといふ想いは皆にあるものね。

永遠に生きる「デジタルクローン」は実現するか|
まるでシュタインズゲート0のアマデウスみたいだろう?
弥勒菩薩ラエルのコメント:これは素晴らしいです! 次のステップは、ロボットの代わりに自身のクローンになるでしょう。
SF小説だった場合、4.5Pさん復活の真実とかに使われそうな情報を置いておきますね。
これってあくまでクローン、別個体だからねえ。意識の断絶ってことを考えると、その人個人から見れば「死の再定義」にはならないだろう。 / “ « WIRED.jp”
今すでに故人のbotとかあるけど、将来的にはデジタルクローンとしてネット上にアイデンティティだけが生き続けるのかねー?
この記事が描く未来が数十年後に訪れるのなら、ライフログがしっかり残っていた方が、より正確な人格が形成されるし選択肢が増えるという意味では子供のためにもなるんじゃねぇの
画像やメールを全てコンピュータに取り込み、人工知能をミックスさせて、デジタル空間に特定の人格をつくりだすデジタルクローン。これで自分のクローンをつくり、そのクローンに仕事をさせれば、生産性が何倍にも。弁護士とかの士業に向いてそう。
こないだえねっちけーでやってたデジタルクローン。 故人の日記や手紙なんかのライフログをインプットして人工知能を作るところを見て、人間みたいに目・鼻・口・触覚でインプットできれば楽なのにと思ったわ。
「生」とか「死」とか、意味が変わってい来る時代。そして、『自分』とは何かが問われる・・・
今日の深夜2時からNHK観る!!
攻殻機動隊ではデジタル化された人格は個を保てない、という話だったね。 >
人格は脳に宿ると思われがちですが、誤解です。
脳と抹消脳である人体で人格は構成されます。

私とその仲間がLarry Page にプロポーズしているkakitaso は、
結果的に「デジタルクローン」を最も早期に実現します。

...
人間の脳は膨大なデータから重要だと主観的に思うデータだけを抽出して記憶することにより自己形成をしているから、それを再現してみようと。面白いね。 / -
私でない「私」は、誰なんだ?
永遠に生きる「デジタルクローン」は実現するのか、NHKスペシャル「NEXT WORLD」取材班が各所で進む研究を追った。
で,うさんくささでは どっこいどっこいな話.[ 永遠に生きる「デジタルクローン」は実現するか|WIRED ]これはビジネスになると思うよ.独身者数が増えて,未来にゲノムを送り出せなくなると,代りにミームを未来に送り出したくなるだろう
なるほど!知性をクラウド化すれば良いのか!!膨大な情報もオンライン接続で解決するのかな
攻殻機動隊を連想させますなぁ。
わたしたちはソーシャルメディアなどを通して多くの情報をインターネット上にア...
丸山さん(@maruyama3)が好きそうなネタ。:
以上

記事本文: 永遠に生きる「デジタルクローン」は実現するか|WIRED.jp

関連記事