TOP > IT・テクノロジー > 勤勉さとオープンマインドは、知性に勝る:研究結果|WIRED.jp

勤勉さとオープンマインドは、知性に勝る:研究結果|WIRED.jp

76コメント 2015-01-27 06:48  WIRED

子どもに勉強を強いても学力は上がらない。学力向上の鍵は、子どもの「オープンマインド」さと「勤勉性」を伸ばすことにあった。

ツイッターのコメント(76)

マコなり社長の新サービスが叩かれると参加する人は得する?

・情報商材という言葉に不安を感じる人は参加しない
・毎日時間管理できる自信のない人は参加しない
・結果、ワクワク感が高く勤勉性の高い人だけ集まる
・BIG5の開放性と勤勉性の高さは学力の高さを示す
@wired_jp

オープンマインドは知性に勝る。って、なんとなく体感的にも合っている気がします
ちょっと書いてる内容すぐに理解できなかった、からあとでまた読む。
@wired_jp
@wired_jp
学校に行く前の教育は親がしなければならないけど、そこはどうする?
@wired_jp

オープンマインドさは振り切れてると思うけど勤勉性が足りないから育て方を知りたい、、、
ビッグ5の勤勉性とオープンマインドは、IQの4倍正確に将来の教育達成度を予測できるとされてる 。

高学歴に真面目な人が多いのはこのような背景がある。
>情報は、ただ単に脳に取り込まれるのではなく、それは個性というフィルターを通して行われる。教育者が賢さを褒めた場合のスコアは20%も低下 努力を褒めた場合のスコアは30%も向上
勤勉さとオープンマインドは知性に勝る @wired_jp
(開放性[オープンマインドであること]、勤勉性、外向性、協調性、情緒の安定性)の中では
これって全ての学びに通じるよね。大人になって働きだすと身に沁みてわかる。| @wired_jp
英語に限らず語学上達の大きなキーワードは、オープンマインドであることだと実感してます。

一般的に、年齢が若い方が語学学習に有利だと言われているのは、脳力の差ではなく、心がオープンかどうかということ、が主な理由だと思ってます。
「子どもに勉強を強いても学力は上がらない。学力向上の鍵は、子どもの「オープンマインド」さと「勤勉性」を伸ばすことにあった。」
古い記事だけど。おおおお・・・・。どっちもないわ・・・・。| @wired_jp
家庭 学校いろんな場面ありそうですが、異議なしです。
馬でも中華系の学校は毎日宿題で詰め込み教育だが、逆に高額な授業料のインターナショナルスクールは、宿題もないし毎日遊んでいるような授業が多いらしい。後者のほうが子供を伸ばすのだろうか?

勤勉さとオープンマインドは知性に勝る:研究
大人の学びでも同じだと思う。しっかりやり切れる勤勉さと、新しい未知のものへのオープンさを持つ人はジャンル関係なく「強い」/
子供というか日本人はオープンマインドがもっとほしい。
最近ホントこれ思うわ
努力を認めるのは今後の成長のためということか( 'ω')
おもしろーい。これを、toiee寺子屋は実現してるよ。『勤勉さとオープンマインドは、知性に勝る』
うん面白い。新しいモノやヒトに出会って刺激されている状態の時ほど情報収集にも勉強にも貪欲になれるよね。
(メモ)「賢さを褒めた場合のスコアは20%も低下したのに対し、努力を褒めた場合のスコアは30%も向上」。「知能が教育で伸ばすことができるという証拠はほとんどない」。→興味深い。
@wired_jp: 「勤勉さ」と「オープンマインド」は、知性に勝るという研究結果。
これは興味深い。まあ隣に専門家を置いておけば自分にとって必要な知識(知性)を享受できるからな。それにはオープンマインドがいると。/
勤勉さとオープンマインドは、知性に勝る  “生徒の努力の量と、その努力をどこに集中させるか...生徒をよく知る第三者が判断した客観的な性格の方が...正確に学業成績を予測できた” 論文>
←自己評価や進路意識などのアンケートを生徒に実施するけど,こういう要素も意識させたいなぁ。
怠け者でプライドだけ高く閉じ籠りがちだった。大学受験止まりでした。
"@wired_jp: 学力向上の鍵は、子どもの「オープンマインド」さと「勤勉性」を伸ばすことにあったという研究結果。 "
軽くよみました。
学力向上の鍵は、子どもの「オープンマインド」さと「勤勉性」を伸ばすことにあったという研究結果。
「人の性格は変わるものです。生徒の勤勉性とオープンマインドという特性を伸ばそうと取り組んだ教育者たちは、彼らの学力を伸ばすことにも成功しています。」
勤勉さとオープンマインドは、知性に勝る 良い。成功するのに重要なファクターはIQではないという研究を今でさえたくさん見る。今後はAIが確実に発達してくる。IQのみで選抜したMENSAなどの組織の意味は限りなく0に収束していくと思う。
「 « WIRED.jp」教育においては継続的な努力が必要で、教育者は努力を褒めるのがよいという研究結果。自分が勉強する時、教える時のど両方で意識したい。
オープンマインドがなにかっていう説明はないんだな 「 « WIRED. jp」
知能が高い上に恐ろしくオープンマインドで勤勉、且つ好奇心旺盛という無敵の男を思い出した
「子どもに勉強を強いても学力は上がらない。学力向上の鍵は、子どもの「オープンマインド」さと「勤勉性」を伸ばすことにあった」:
オープンマインド、大事。。 / 他22コメント “ « WIRED.jp”
勤勉で粘り強いことに勝るものはないって最近つくづく感じるね。/
「勤勉性」は、持続的な努力が欠かせない学業において大きく影響する。そして「オープンマインド」であるという特性は、知的好奇心を刺激して様々な分野へ興味を広げ、努力の矛先を定めてくれる/
勤勉さは大切だと思う。ただ、基本的な知性を備えた上でのことだとは思うけど。|
どこを認めて伝えるかって子どもに限らず難しいし大切に考えないとなところ。
結果よりも、とった行動に焦点を当て褒める・承認することの方が、人材マネジメントにおいて重要で、効果的であることを改めて確認できました
能力より、努力を褒めてあげること。大事なことですね。。
新着記事: WIRED
賢さをほめるのと努力をほめるのでは努力をほめるほうが成績が伸びるなら、こと教育に関しては結果よりもプロセスを重視したほうが成果が出やすいはず。教育は効率だけでは語れないってことなのかな。 / “勤勉さとオープンマインドは、知性に勝…”
勤勉さとオープンマインドは、知性に勝る:研究結果(WIRED) │リアルの学校の意味はこういうところにあるのかも。
「いくら脳力トレーニングのアプリには人気があっても、知能が教育で伸ばすことができるという証拠はほとんどないのです」
もっと見る (残り約26件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR