TOP > IT・テクノロジー > 青色LEDがノーベル賞に値する理由|WIRED.jp

青色LEDがノーベル賞に値する理由|WIRED.jp

76コメント 2014-10-09 08:11  WIRED

先日発表された通り、ノーベル物理学賞受賞者として青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇(名城大教授)、天野浩(名古屋大学教授)、中村修二(米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授)が選ばれた。その...

ツイッターのコメント(76)

中村修二氏はアメリカ人
この回路では青色LEDを事もなげに使ってしまっていますが…赤・黄と組み合わせて白色となる。「LEDは低出力で動かすことができるが、この技術によって電力系統の届かないとされる世界中に位置する150万もの人々に大きなインパクトを与える可能性を意味しているのだ」↓
これが2014年で、ULTRA MIAMIにLEDが大量投入されたのも2014。日本でも2014あたりから中国にLEDの工場が出来て輸入される様になり、フェスやクラブでLEDが多く見られるようになりました。

そんなことも今日の で配信で話したいなと
開発者は悲劇になり企業が利益を上げる日本人の性質

@wired_jp
電子マネーが普及し、途上国ではトイレはなくても携帯は持ってる、青色LEDどころではない、世界中の生活を激変させた「フラッシュメモリ」
それなのに正当に評価しない日本がまだ存在できてるのが不思議かも😅
ぐぐっても出てこないちょっとした勉強とトークの話をすると僕なんかの世代だと「りんごで30分話すトーク力」ってのは一つの高い目標。つまりこれは青色LEDがどんだけ感動的な商品なのか( )トーク出来る、切り返し出来るトーク力ってこと
なるほど。
『現クロで青色発光ダイオード等社内発明対価を特集』

うまく、纏めておられました。

青色発…
青色LEDがノーベル賞に値する理由とは?
(WIRED.jp)
これすごく知りたかったんだよね。/
これ中間テストに出ますよ~
先生が言ってた
白を作り出すための青
…『今頃?』と思ったけど…
なるほど/青色LEDがノーベル物理学賞に値した理由とは。
20世紀は白熱電球の時代、21世紀はLEDの時代。これこそが単純に賞賛に値する功績だ。
- (via 100hatebu)
白色LEDは赤・緑のLEDと青色LEDの組み合わせじゃないよ。青色LEDと黄色の蛍光体との組み合わせだよ。いずれにせよ青なり紫外線なりのLEDがないとできないんだけど。
今の白色LEDは擬似白色で赤と緑なんて使ってないけどな “この青色光は既存の赤・緑のダイオードと混合することで「完全な白色」を再現できるのだ。”[link] :
赤緑青の三色が揃ったことに意義があるのだから、赤色LEDと緑色LEDの発明もノーベル賞に値するはずでは?青だけがきわめて難しかったのだろうか。
黄色の蛍光体を使って白色にしてるんじゃなかったか?:
なるほど? /
RGBが揃った事で、白色が表現出来るのか...!今日も少し賢くなりました。|
iPS細胞の中山教授が「ノーベル賞は最後のピースを見つけて完成させた人がもらう」といっていたそうです。その通りだとおもう。...
WIRED.jp青色LEDがノーベル賞に価する理由WIRED.jp先日発表された通り、ノーベル物理学賞受賞者として青色発光ダイオード(LED)を開発し..
「この青色光は既存の赤・緑のダイオードと混合することで「完全な白色」を再現できるのだ」:
あっぷx2『青色LEDがノーベル賞に値する理由』
今まで見た中で一番綺麗にまとまってる。そう。そうだよね。
最後の視点はなるほど。 / 他28コメント
“青色LED自体が驚くべき存在なのではなく、青色LEDに伴い可能となった技術こそが、ノーベル賞授与にあたる審査の基盤となる“人類に最大の利益をもたらす発明”として認められた理由”
低出力だから電気インフラのないところにも電灯をともしやすいってことか。確かに画期的だ。 /
こんな大成功なら、昔揉めたのも納得。
案外、ここが繋がってない人が多いのかも。身近になりすぎてそこに至るステップを見失ってる感じ。 |
白熱電球は20世紀を灯してきたが、21世紀はLEDランプによって灯されていく--そうだよね。 /
こっちみたほうが速い。
「彼らの発明は革命的なものである。白熱電球は20世紀を灯してきたが、21世紀はLEDランプによって灯されていくだろう」
150万って微妙に少なくね?って思って原文見てもmillionだった。けど検索したら他のソースではbillionだった /
もっと見る (残り約26件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR