TOP > IT・テクノロジー > 電子書籍は本当に紙の本よりエコか?|WIRED.jp

電子書籍は本当に紙の本よりエコか?|WIRED.jp

215コメント 登録日時:2013-02-02 10:15 | WIREDキャッシュ

本当にエコロジーな読書とは? その答えは、リサイクル紙と大豆インクを用いた紙の本を読むことだ。電子書籍は必ずしも環境にいいわけではない。...

ツイッターのコメント(215)

ある本を読んで、電子BOOKの方が紙の本よりエコ何じゃないか?と思って調べたらこんな記事を見つけました。
@wired_jp
@nyohhei COOL CHOICEやな。


まぁ、おれも普通に紙媒体買うからコメント難しいわん。
紙の本を購入するとなると、自分の足で本屋に出向くか、ネット等で注文する必要がある。車で出向いたり、ネット注文をするとなると、環境に負担がかかる。
電子書籍は本当に紙の本よりエコか?| @wired_jp
#漫画不振 本(ペーパー)より電子書籍のほうがエコ?それホント?
紙の本を読むほうが環境に優しい
@koxxx68 微妙に内容違うけど昔この記事を読んだのを思い出した
エコかどうかはこの際どうでもいい。紙と電子それぞれの開発や生産その他諸々のコストを考慮して、各視点のどの時点でどちらが優位なのかという考察って全く目立たない。電気自動車やその他電化製品もそう。 / “電子書籍は本当に紙の本よりエコ…”
1台のデジタルリーダーを生産するのに、コルタンのような鉱石も含む14.96kgの鉱物の採掘を必要とする:
これまで見たものより具体的だけど、決定的でもない。これから廃棄も増えるだろうし。とはいえ変化は止まらない。 RT “@wired_jp: 【EDITOR'S CHOICE】電子書籍は本当に紙の本よりエコか? ”
Interesting story!!
単純に重い本を持ち運んで読むより、リーダーひとつで何冊も持ち歩ける便利さには勝てない→
データの裏付けは分かりませんが、ひとつのサジェスチョンでしょう。。。
単純に個人レベルでのエコという理由で電子書籍を選ぶ事はあるだろうけど、社会的な環境問題としてのエコと捉えて選択する消費者は少ないのでは。そう思える良い記事でした。/
場合によるだろう。図書館の方がエコ。Kindle本体の元を取るには一年かかる。PDFが何年保存して読めるか?にもよる。リアル書籍は内容を精選し質を高めないと生き残っていけない
当然 図書館。東京23区内の図書館は以前、自転車で全部回った
二酸化炭素の排出量や、作り出すために使うエネルギーの面から見た、電子と紙の書籍の議論。
図書館>古本屋>ブックオフ>良識をもって製造されている紙の本>電子書籍>良識をもって製造されていない紙の本.
これは、自分には重要な内容?
問題はリサイクル率と輸送費でござるの巻。

リサイクルの最大の欠点は、リサイクル率が非常に悪い事だからね。
その点、電子書籍はデジタルデータだから余る事無いし、輸送費もほぼ全然かからない。
. 数値データは、説得力があるなあ。電子書籍が広まるにつれて、改めて紙の手触りが嬉しく感じる私ですが、、。
wired japan

本当にエコロジーな読書とは? その答えは、リサイクル紙と大豆インクを用いた紙の本を読むことだ。電子書籍は必ずしも環境にいいわけではない。
やはり紙媒体の本のほうがエコだったか。
人間にとってよりよい物は、残るんだろうね。
やたらに新しいものを作り出さずに今あるものを大切にすればヨイのですね
やっぱり 紙が1番です。
その答えは、リサイクル紙と大豆インクを用いた紙の本を読むことだ。電子書籍は必ずしも環境にいいわけではない。
がんばれ、紙!!
電力を考えてないね・・。二酸化炭素排出量なんざ些細な問題だろ・・。
馬鹿みたいな議論。そもそも誰も本を読まなければエコ。そうでなくても大多数の「読まれない本」は印刷しないのがエコ。それに紙の本の保管を考えるとエコじゃない。 /
個人的好みで言うと、紙書籍の方がまだ馴染みがあるのだけど、エコかどうかについてはもう少し長期的に見ないと解らないんじゃないかしら。 /
とは言うものの、キンドルをそのうち買いたいです('▽`;)だって、本棚がいらないもの・・・まぁ見開きのないキンドルなので、今のところ小説だけですが。
*されど、紙の書籍の持つ香りと感触は決して捨てがたき現実ですね。
エコとかの論議はさておき、紙媒体は好きだし、手触りやインクの匂いなど、五感を刺激されるもの。ずっと残ってほしい。  @wired_jp
何をもってエコなのかは、時間軸をどの程度まで射程するかによるね。短期的にみればエコじゃないかもしれないが。→
直感的に理解しがたいですなぁ。 /
輸送コストが考慮されてないのはどゆこと?
装丁も含めた「本」というプロダクトが大好きな私としては、少しホッとする話。電子書籍も読んでいるので、便利なことは分かってますが、やはり「本」が好き。
ハイブリッドや電気自動車の生産から燃費までまるっと考慮したエネルギー収支ってガソリン車と比較してどの程度なのかしらと常々思うふ。 /
ムダに物を増やさずリサイクルが1番だよってコトか▶
その答えは、リサイクル紙と大豆インクを用いた紙の本を読むことだ。電子書籍は必ずしも環境にいいわけではない』 エコかどうかはそうだとして置き場所の確保という命題も。
まさに一時期建設業界がぶち当たっていた(いる)、LCA(Life Cycle Assessment)の理論。⇒
電子書籍は本当に紙の本よりエコか?
なんというか、ガッカリな内容だな……。 /
だいたい本はブックオフ。雑誌と新聞はiphone、たまに青空文庫。
実況してね! RT @NaruakiSasaki: 電子書籍は本当に紙の本よりエコか?を世界中の人が考えているようだから、せめて僕だけ「電子書籍の方がエロいか」思索しようと思う。
電子書籍は本当に紙の本よりエコか?を世界中の人が考えているようだから、せめて僕だけ「電子書籍の方がエロいか」思索しようと思う。
ほうほう、しかし、問題は収納スペースなんじゃよ…。_
山ほど新刊を出しては在庫の山を築いているどこかの国の出版社に読ませたい /
気づいちゃったかー RT @wired_jp: 【第2位】電子書籍は本当に紙の本よりエコか?──本当にエコロジーな読書とは? その答えは、リサイクル紙と大豆インクを用いた紙の本を読むことだ
まあ火力発電所でガンガン大気汚染してCO2ばら撒いて作った電気で読んでエコというのもアレといえばアレかな。/
“本当にエコロジーな読書…その答えは、リサイクル紙と大豆インクを用いた紙の本を読むことだ。電子書籍は必ずしも環境にいいわけではない”デバイスを作る為の金属採取の際のCO2量まで、考えたことなかった。【電子書籍は本当に紙の本よりエコか?】
二酸化炭素排出量に拘泥した環境倫理でメディア、デバイスとしての本の未来を探ることには違和感がある。再生紙や図書館が一番エコだとしても、エコのために本は出版されるのではない。:
古本が一番エコ。RT @wired_jp 【第2位】電子書籍は本当に紙の本よりエコか?──本当にエコロジーな読書とは? その答えは、リサイクル紙と大豆インクを用いた紙の本を読むことだ
[publish][eco]電子書籍は必ずしも環境にいいわけではない。 /
どちらにも良い点悪い点がありますが、印刷されたものはそのままで利用できること。充電しなくてもいい>
「1台のデジタルリーダーを生産するのに、コルタンのような鉱石も含む14.96kgの鉱物の採掘を必要とする」 「 « WIRED. jp」
確かに、紙の方がエコでしょうね 特にヨーロッパでは原始林がほとんどない状態では、管理さてた森の価値を如何に無くさないかは重要課題!
() 面白い視点だね、こんな風に考えたことなんてなかった
記事を読んでも、必ずしも紙の方がエコという気はしないなぁ。好きなのは紙の本だけど。 -
もっと見る (残り約115件)

記事本文: 電子書籍は本当に紙の本よりエコか?|WIRED.jp

関連記事