TOP > IT・テクノロジー > クモの糸や絹を「生分解性」電子機器に|WIRED.jp

クモの糸や絹を「生分解性」電子機器に|WIRED.jp

44コメント 2012-10-16 12:23 | WIREDキャッシュ

クモの糸や絹は、光ファイバーのように光を伝送する。非常に細く、また生分解する素材であるため、体内に埋め込む医療用電子機器等に応用する研究が進んでいる。...

ツイッターのコメント(44)

絹って凄いんですよー😊
お蚕様!

@wired_jp
この話どうなったのか
@wired_jp クモの糸や絹は、光ファイバーのように光を伝送する。非常に細く、また生分解する素材であるため、体内に埋め込む医療用電子機器等に応用する研究が進んでいる。
面白いな。ふと思ったけど、移植した奴が役割果たす前に分解されてしまったら、どうするんだろう。/
こういう研究をしている人は尊敬する
クモの糸万能過ぎだろ
クモの糸や絹は、光ファイバーのように光を伝送する。
非常に細く、また生分解する素材であるため、体内に埋め込む医療用電子機器等に応用する研究が進んでいる。
なんかとってもスパイバーの出番な気がする
手術した部位にNFCを埋め込んで治療歴を示すとか、そんな応用も進みそうな予感。 /
世界最強の「テクノ」ジャーナリズム: クモの糸や絹を「生分解性」電子機器に
生物の技術利用 /
いっそ体に溶かすことを考えず常に体中にクモの糸の内視鏡ネットワークを巡らしておいて体の不調があったら専用の機器を所定の部位に当てるだけでその部分が直接覗ける技術とか?→
ただし、伝送損失は大きく、ガラスを約4桁上回る。 /
銃の照準器に蜘蛛の糸が使われてるのは知ってたけど、これはまた…w餌変えたら糸の質も変わるのかな?
クモの糸や絹は、光ファイバーのように光を伝送する。非常に細く、また生分解する素材であるため、体内に埋め込む医療用電子機器等に応用する研究が進んでいる。
ファイバー以上に柔軟性高くて夢が広がる、と思いきや伝送損失がお話にならなかった /
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR