TOP > その他のニュース > 台東区避難所ホームレス受け入れ拒否と自己責任論は、海外でどう報じられたか - wezzy|ウェジー

台東区避難所ホームレス受け入れ拒否と自己責任論は、海外でどう報じられたか - wezzy|ウェジー

18コメント 2019-10-19 23:42 | wezzyキャッシュ

 10月12日の台風19号上陸から1週間近くが経った。しかし、被害の爪痕は大きく、いまだ普段の生活に戻れていない地域は多…...

ツイッターのコメント(18)

“行政による「命の選別」は、海外で驚きをもって報じられた。”
ホームレスの人権を無視し、台東区は【台東区=殺人区】になりましたからね〜
世界に恥を晒して、同じ日本人として情けなくなりましたよね。
自己責任論を叫び、今は自分自身の力で困難を乗り越えることが可能な人々も、この先、立ちいかなくなった時に「自業自得だ」と割り切るのだろうか。
税金を払ってる人と不平等や
入ると臭いから入れなくて当然という意見が多いことにびっくり。台東区の責任ではなくて、人権に勝る義務は存在しない事を知らない私たちの課題
日本は壊れている!
避難所ホームレス受け入れ拒否と自己責任論は海外でどう報じられたか @wezzy_com 基本的人権はすべての人に保障されているもので、税金を支払った対価として得られるサービスではない。近代民主主義国家として基本的な前提が、なぜここまで共有なされなくなっているのだろうか
日本の行政は日々世界に恥を発信していると思います。
情けないが同意して拡散❗️
自己責任論を煽る政治、受け入れる国民‼️😢😢
- wezzy|ウェジー
ネイティブ・アメリカンには所有する概念がなかったという。
それに近いネイティブ・ジャパニーズである縄文もおそらくそうであったに違いない。
何故なら日本はすでに2000年前にアメリカと同じになっていた・・・・・
ナーーンで話もあるとかないとか・・・・・
いただきます。
台東区避難所ホームレス拒否と自己責任論、海外では驚きをもって報じられた「基本的人権はすべての人に保障されているもので、税金を支払った対価として得られるサービスではない。近代民主主義国家として基本的な前提が、なぜここまで共有なされなくなっているのだろうか」
《基本的人権は

すべての人に保障されているもので、

税金を支払った対価として

得られるサービスではない》

台東区避難所ホームレス受け入れ拒否と

自己責任論は、

海外でどう報じられたか

- wezzy

《行政による「命の選別」は、

海外で驚きをもって報じられた》
うーん、ホームレスと一緒に寝たくないのならお金はらってホテルで寝てください
最近よく思うのは
サービスは固定された値段で固定された内容のことしかできません
なので、税金で受けられるサービスには限界があります。
それ以上を望むなら別のところに
「BBCは日本社会における自己責任論の跋扈を指摘」

人権後進国っぷりが、一々海外で紹介される。みっともない。

2019.10.19
"行政が助けを求めた人を見放し、命の危険がある暴風雨のなかに放置したということ。また、それを支持する人がいるということは、欧州のメディアを驚愕させた"
以上
 

いま話題のニュース

PR