プレミアトップ6の10年間を振り返ろう:なぜマンU・アーセナルが沈み、シティ・リバポ・トテナムが台頭したのか - We gotta put it out somehow, yeah, yeah

ツイッターのコメント(22)

1年半前の記事だけど面白い。
なるほど。この10年間のプレミアリーグ優勝はシティとチェルシーが多いけど、経営を度外視したオーナーの趣味で"僕の最強サッカーチーム"なんだから強くて当たり前だと。
昔チェルシーって復元力すごいねという話をしたが、調子が悪くなっても監督を切ってすぐ立ち直る「継続的な継続性のなさ」は、戦略投資家の中でも特に本業が遠いアブラモビッチが提供する流動性ありきの戦略なので、他所が真似できなくて良いと改めて思いました。強いよね。
面白い、とにかく面白い
話題のシティ×FFP事件に関連して

財務・会計的な目線でプレミアリーグを見てみると、また違った発見があって面白い
ようやく読んだ〜✨面白かった😍
リーグとしては1強のEPL
面白く読んだ
» - 面白い。言い方はともかくだいたいあってる。マンUはホント外から見ていて面白いw
テーマも内容も表現も全部面白い
素晴らしい記事
「箇条書きなのは疲れたからです」←本当か?
これめちゃおもろい
言え過ぎて大爆笑
「内訳は主に、監督解任の違約金や、選手の減損だ。(あと、女医に賠償金を払っているという噂もあった。)チェルシーくらい日常的に監督解任時の違約金を支払っていると、もはや特別損失じゃなくて営業外費用かなにかで処理したほうがいいんじゃないか」
プレミア観なくなっちゃったけど、サー・ファーガソンはほんと凄い監督だったという感想だけは滲み出る

なぜマンU・アーセナルが沈み、シティ・リバポ・トテナムが台頭したのか -
Jリーグでも勝手にこういう分析してみたい
経営報告書は出てるから、見てみよかな
プレミアトップ6の2010年代をビジネスメインで概観した珍しい記事。クソ面白いし、相変わらずブログ名が長い。
この記事めちゃ面白い
わーいsakeさんがデミのシャシン使ってくれだゾー(そこじゃないよ)
分析が面白い。アーセナルの積み上がった現金はファンの愛の証だというのは他のクラブと比べても激しく同意したい。
久々ブログ。
以上
 
PR
PR