TOP > IT・テクノロジー > 日本の航空法をクリアしたドローン「Mavic Mini」が登場!「Mavic Air」並の性能に価格は半額以下!! - 週刊アスキー

日本の航空法をクリアしたドローン「Mavic Mini」が登場!「Mavic Air」並の性能に価格は半額以下!! - 週刊アスキー

10月31日、ついにDJIから日本の航空法をクリアした199gの新型ドローン「Mavic Mini」が発表されました。...

ツイッターのコメント(12)

久々にドローン操縦したいけど、都会じゃファントム飛ばせないから、Mavicいいかも!
航空法で規定された200g以上には該当しないものの、小型無人機等飛行禁止法や道路交通法など他にも関連法規はあるので、このタイトル見て勝手に飛ばすやついるかもよ?
ついに来たか…🤔
「日本の航空法をクリア」? そうじゃない。そういう表現が正しいと思っているから間違いが起こる。200g以下のドローンは法律をクリアした合法な製品、ではない。
え、飛ばしたい
コレは売れる。っちゅうか欲しい。
@umiusi_mokyo 別仕様で確定でした。
差異はバッテリーで100g→50g(2400mAh→1100mAh)になっているようです。
飛行時間が18分なのだけが弱点かな?
GOPROとは目的違うし両方買っちゃえw
いいんですこの機体。さすがDJI。でも飛ばす人の免許制ハヨ。じゃないとクソガキとか頭の悪い大人がそこら中で飛ばしまくって人に迷惑掛ける。飛行高度の制限で免許制でもいいよ。
航空法をクリアしても地域のルールで公園とか観光地とかだいたい飛ばせないからなぁ〜
欲しい!
記事内にプロペラガード装着時は249gになる、と記載がありますが、このような後付け部品は航空法の重量としてカウントしないため、装着しても大丈夫です。
以上
 

いま話題のニュース

PR