TOP > IT・テクノロジー > エンジン車と電気自動車はどちらがエコ? 研究結果は意外な内容 - 週刊アスキー

エンジン車と電気自動車はどちらがエコ? 研究結果は意外な内容 - 週刊アスキー

化石燃料を使うエンジン車と電気のみで動くEV。結局どっちが地球に優しいのかをマツダが発表した。

ツイッターのコメント(18)

化石燃料を燃やして発電している限り電気自動車はちっともえころじーにならん:
@Kaworu911 他の面の比較ではエンジン車と電気自動車は‘どっちでも良いかな’な感じなんですが… EVは蓄電池になるとこが決定的ですね



太陽光や風力で作った電気は需要との時間的ズレに対応すべく貯めとく手段が必要なのでEVの普及との二人三脚が必須でしょうが…いつ頃の事になるかな
はっきりさせましょう。
「電気自動車が常にエコなわけではないことを証明した」
しかも、マツダが!?
何となく頭でわかってるのに口に出すことすらしない中、逆転するポイントも示したのは驚いた。
今、地球を苦しめているのが温室効果ガスだ、の下りから始まるあたり今のバッシングトレンドを知らない程度
@accelturn マツダが検証してる。
ほぼ互角。バッテリー交換しなければw
古い車を「環境に悪い」として一律に自動車税を高くする政策は、「大間違い」って事やねぇ~。
自家用車が今後も売れ続ける想定。すべて自動運転の配車サービスになれば、電気自動車の方が有利だろう。
なぜなら、車の走行距離が高くなるはずだから。
日本では約11.5万km以上走ると電気自動車がエコ。
オーストラリアは20万km走ってもエンジン車がエコ。
こういう計算はすごく大事かと。電気自動車がエコと言っても乗ってる人は大体自分の懐しか考えていないと思う。
電池の製造時のCO2排出量が、環境負荷低減のカギになりそうですね🤔
なるほど。面白い。
面白いな、これ。
車好きは是非読んでいただきたい
こういう冷静な研究は大切。きちんと実態を調査することで、次のステップの礎とすることができるからだ。
震災後の原発安全性の問題や、統計偽装問題、沖縄辺野古の基地建設の問題、すべて積み重ねを欠いている。

ンジン車と電気自動車はどちらがエコ?
→発電の過程でのCO2で比べているが、発電する前段階の施設設備や、原発に至っては廃棄物管理含め相当のCO2が発生しているのでは。。
要は原子力をやめた上で自然エネルギーが発達しないとそれほどエコではないと言う事だね。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR