TOP > 政治・経済 > 新潟県から始まる日本初の漁業改革 IQモデル事業 「日本の水産業をガラパゴス化から救え!」  WEDGE Infinity(ウェッジ)

新潟県から始まる日本初の漁業改革 IQモデル事業 「日本の水産業をガラパゴス化から救え!」  WEDGE Infinity(ウェッジ)

33コメント 登録日時:2012-09-24 08:23 | WEDGE Infinityキャッシュ

世界の潮流から取り残され衰退を続け、悲惨な状態の日本の水産業。その姿は「ガラパゴス化している」という言葉がぴったり当てはまる。...

ツイッターのコメント(33)

原規委や東電との対決で最近よく見る泉田知事の名前がこんなところにも。なかなかリーダーシップのある知事らしい。今後の甘エビの漁獲量には要注目だ。「 IQモデル事業『日本の水産業をガラパゴス化から救え!』」
消費者のうちらも真剣に考えないといかんね。今のままだと将来国産の魚が食えなくなる
筆者は、科学的根拠に基づいた資源管理を行えば必ず日本の水産業は復活できるとしているが、それはどうかな?安定生産への道筋という意味では大きな一歩だろうけど。ただ、新潟を代表する水産物、南蛮エビで現れた資源管理の効果は、確かに未来への希望だね
[日本の漁業は崖っぷち] (2012/9/24)WEDGE Infinity
【WEDGE】新潟県から始まる日本初の漁業改革IQモデル事業
@t_ishin こんな記事もあります。国内の漁業改革をしないと、中韓台露から「日本は乱獲してるから、世界の資源である魚を守る」と言われますよ。
乱獲で魚を獲り尽したのに環境変化が原因と誤認。水産資源が回復兆候を見せても大漁旗を振るう。
これらは世界ではありえないらしい。知らなかった。

最初は獲りたいだけ獲れなくなるので漁業者は必ず反対する / Infinity(ウェッジ)”
日本の漁業がそんなに遅れているとは知らなんだ。うなぎの件しかり、資源管理について日本は本当に後進国だなあ / Infinity…”
漁獲枠を設けず乱獲した上で「魚はどこに消えた?」と環境に原因を求める傾向を指摘。うなぎやマグロの騒動見てるとさもありなん。 /
魚好きは必読。ホッカイアカエビは取りよせて食べたけど、旨い。
Infinity(ウェッジ)”
なるほど。需要と供給バランスとか燃料費とか不漁とか、そんな解り易い話だけじゃないわけだ
好きなシリーズ。農業への若者新規参入はようやく耳にするようになったけど、漁業は。。。港町出身の私がこれだからなー。でも改革の第一歩なんですよね。
新潟県から始まる日本初の漁業改革IQモデル事業「日本の水産業をガラパゴス化から救え!」( Infinity)。乱獲で魚を獲り尽しているのに、環境変化に原因があるかのように誤認。日本の水産業は復活の方法があるのに
魚を穫りに遠洋に行かなきゃならなくなった時点で気づいてもよさそうだったが。RT @WEDGE_Infinity: 新潟県から始まる日本初の漁業改革 IQモデル事業 「日本の水産業をガラパゴス化から救え!」
ほぅ。『 IQモデル事業「日本の水産業をガラパゴス化から救え!」』
我が国は世界六位の海洋大国。漁業は北欧では成長産業。我が国の漁業が成長しない筈が無い!@WEDGE_Infinity :世界の潮流から取り残され衰退を続け、悲惨な状態の日本の水産業。
まだ一部だとはとはいえ、IQ制度導入は改革の第一歩。法的には何も問題はないのでどんどん進めるべき。
以上

記事本文: 新潟県から始まる日本初の漁業改革 IQモデル事業 「日本の水産業をガラパゴス化から救え!」  WEDGE Infinity(ウェッジ)

いま話題の記事