TOP > 政治・経済 > これぞ動かぬ証拠 ‶新疆ジェノサイド〟示した中国統計年鑑  WEDGE Infinity(ウェッジ)

これぞ動かぬ証拠 ‶新疆ジェノサイド〟示した中国統計年鑑  WEDGE Infinity(ウェッジ)

42コメント 2021-01-25 16:55  WEDGE Infinity

‶新疆ジェノサイド〟の実態を物語る、衝撃的な数字を、中国共産党自身が示した――。中国の正式な国家統計である『中国統計年鑑』において、新疆ウイグル自治区における少数民族人口がこの2年間で164万人も激減...

ツイッターのコメント(42)

認めたのか??

「…新疆ウイグル自治区のみ、2017年~19年にかけて、総人口が2444万6700人から2523万2200人へと78万5500人増加した一方、少数民族人口は1654万4800人から1489万9400人へと、何と164万5000人も激減しているという異常な人口動態を見せている」
新疆ウイグル自治区は、公式統計で、2017年~19年の2年間で総人口が79万人増加した一方、少数民族人口は1655万人から1490万人へと165万人も激減した。

 2021.1.25 平野聡 東京大学大学院教授/WEDGE_Infinity
本件関連記事

(中国統計年鑑より)
「近年、中国の他の少数民族地域では総じて少数民族人口が漸増しているにもかかわらず、新疆ウイグル自治区のみ、2017年~19年にかけて、(中略)少数民族人口は1654万4800人から1489万9400人へと、何と164万5000人も激減している」
”新疆ウイグル自治区のみ、2017年~19年にかけて…少数民族人口は1654万4800人から1489万9400人へと、何と164万5000人も激減しているという異常な人口動態を見せている”
"新疆ジェノサイド" 示した中国統計年鑑
中国の正式な国家統計である『中国統計年鑑』において、新疆ウイグル自治区における少数民族人口が、この2年間で164万人も激減し、その状況は現在、世界中の人々がHPから閲覧できる状況にある。
"新疆ジェノサイド"示した中国統計年鑑

"米中対立激化に伴い、日本企業にとっても経済的安全保障の視点が欠かせなくなったいま、短期的な利益のために中国と付き合うのか、商業倫理に即したビジネスの長期的な発展を望むのか、個々の日本企業・日本人が(略"
先輩からの資料、ジェノサイトの動かぬ証拠
東大教授の投稿
諸般の情報を総合すると、専門家から『中国統計年鑑』という統計方法に問題が指摘されている数字のみに依拠した非常に不誠実というか、いい加減というか、「東大大学院法学政治学研究科教授」と称する平野聡氏の全然、聡明でない記事であるrとしか言いようがない。
2017年〜19年の2年間で約164万人(少数民族人口 マイナス9.9%)。記事にある東トルキスタンだけではなく、チベット、南モンゴルでもジェノサイドは行われている。

それらのジェノサイドを阻止する一筋の光が差していたのに…今月の20日に潰えた。
日本政府は経団連サイドに立つことで‶新疆ジェノサイド"を否定した。菅政権の国民を見捨てた「生活保護で十分」発言と重ねてみよう


平野 聡 (東京大学大学院法学政治学研究科教授)
現代版ナチスの様な政治体制を敷いている国家が近隣に存在するのに日本の一部政治家はいつまで売国する気だ?日本人は陰性証明必須で、某国からは証明、隔離無し?笑わせるな。平和呆け、思考停止した日本人は目を覚ませ!次の世代の為にも日本🇯🇵を売り渡す訳にはいかない。
果たして華春瑩報道局長は、自国で最も権威がある統計が示している数字を、単なる「たわごと」「荒唐無稽」「侮辱」と切って捨てることが出来るのだろうか?
別に隠し通すつもりも無いしさぁ

って感じの中共が怖い。
東京大学大学院法学政治学研究科教授:平野 聡先生の記名記事がものすごい内容。

新疆ウイグル自治区における少数民族人口が、2年間で164万人も激減し、その状況は現在、世界中の人々がHPから『中国統計年鑑』として閲覧できる状況。
ウイグル、チベット、内モンゴルで大弾圧、民族浄化、人権侵害の限りを尽す中共は反社会殺人暴力集団。

外務省の担当者は26日の自民党外交部会で「日本として『ジェノサイド』とは認めていない」との認識を示したそうだ

親中議員にそう言えと仕込まれたのか?日本の葛!!
うわぁ…
法律論の先生視点だと「こんな統計だしてる、チャイナの人権意識けしからん」というものになるんだなぁ。

僕は、パネルデータの堅牢性問題を超えてチャイナの粗暴さは所与条件なんだから、我々がメタゲームで勝つための条件はそこの批判じゃないよな、と考えるのだけども。
2017年~19年にかけて、総人口が2444万6700人から2523万2200人へと78万5500人増加した一方、少数民族人口は1654万4800人から1489万9400人へと、何と164万5000人も激減している
驚愕。中国当局の公式。いますぐ中国製品を叩き壊して抗議するレベル。
新疆ウイグル自治区で2017年~19年にかけて、総人口が2444万6700人から2523万2200人へと78万5500人増加したが、少数民族人口は1654万4800人から1489万9400人へと164万5000人も激減。平野聡さんのコラム。  中国の正式な国家統計である『中国統計年鑑』の数字。
ジェノサイドであったことは揺るがぬ事実のようですね。日本も含めた世界各国が追及、対応していかなければならないことです。
人権問題は、内政干渉ではない

中国領新疆ウイグル自治区における、中国共産党による少数民族への過酷な抑圧は、その実態が次第に広く知られるようになるにつれて、西側諸国における強い懸念の対象
ウイグル自治区のみ、2017年~19年にかけて、総人口が2444万6700人から2523万2200人へと78万5500人増加した一方、少数民族人口は1654万4800人から1489万9400人へと、何と164万5000人も激減している
‶ウイグル人ジェノサイド〟示した中国統計年鑑  WEDGE Infinity(ウェッジ)
「他の少数民族地域では総じて少数民族人口が漸増しているにもかかわらず、新疆ウイグル自治区のみ、2017年~19年にかけて、総人口が78万5500人増加した一方、少数民族人口は164万5000人も激減している」
何があったんやろなあ(すっとぼけ)
この減り方は凄い…
‶ウイグルジェノサイド〟示した中国統計年鑑  WEDGE Infinity(ウェッジ)
半年で六十万人くらい増えてるんじゃないか?...
中共の発表では強制収容所は無い、という発言ばかりしているが、彼らはテロを防ぐために強制収容所を運営していた、という二枚舌。更にはそこは核実験をしていたり地下資源が豊富なこと、地理的にも重要な場所であることを勘案したら侵攻するのは許されないよね。
そのまま出しちゃったのね
ジェノサイド(民族・文化的な差異による大量虐殺)を認定したほか、バイデン政権の新国務長官に指名されているブリンケン氏も即座に、この認定に同意する旨を示した。

新疆ウイグルで少数民族人口は1654万4800人から1489万9400人へと、何と164万5000人も激減。
2年間で…
中国の統計
2017年~19年で
ウイグル自治区のウイグル人は、164万人も激減

記事より
「短期的な利益のために中国と付き合うのか、商業倫理に即したビジネスの長期的な発展を望むのか、個々の日本企業・日本人が速やかに再考するべきではないか」
‶ジェノサイド〟の実態を物語る、衝撃的な数字を、中国共産党自身が示した――。
日本政府や日本企業は、中国共産党との関わり方を本気で考える必要がある。何故か動きが鈍いように見える。なども未だに親中であり、経済界も中国寄りに見える。目先の利を取れば確かに中国経済が必要。だが本当にそのままで良いのか。再考が必要ではないか。
新疆ウイグル自治区における少数民族が極めて「不自然なかたち」で急減し、それを上回るかたちで外来の漢族が新疆に補充されたことを意味する。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR