TOP > 政治・経済 > 対抗馬のはずだったDeNAを巨人はどう見ていたのか  WEDGE Infinity(ウェッジ)

対抗馬のはずだったDeNAを巨人はどう見ていたのか  WEDGE Infinity(ウェッジ)

12コメント 2020-11-04 06:02  WEDGE Infinity

巨人が独走で2連覇を達成した今季のセ・リーグ、開幕前はDeNAが対抗馬の一番手になるだろう、と私は見ていた。実際、DeNAを優勝候補に挙げていたプロ野球OBの評論家も少なからずいる。巨人のコーチ陣から...

ツイッターのコメント(12)

ソト……使うなら本職以外は微妙だなあ。巨人恐らくサメ含め何人かは切りそうだがソトは不要かも(守れる場所が………)対抗馬のはずだったDeNAを巨人はどう見ていたのか(Wedge)
何を皆が知ってる当たり前の事をダラダラ書いているのか。対抗馬のはずだったDeNAを巨人はどう見ていたのか(Wedge)
グゥの音も出ねえ
対抗馬のはずだったDeNAを巨人はどう見ていたのか(Wedge)
同意できることばかり/  WEDGE Infinity(ウェッジ)
「要するに、ラミレス監督の野球にはいやらしさがないんですよ。走者が塁に出たら足で引っかき回したり、何をやってくるかわからないというプレッシャーを相手バッテリーに与えたり、といった怖さがまったくない。
ラミレス監督自身は今季の成績について、不甲斐なかったとは微塵も考えていないらしい。
10月24日の退任会見では「グレートなシーズンだった」と、こう振り返っている。

 「今季は数字を見ればわかるように、素晴らしい成績を挙げることができました。
①中盤まで巨人に大きく負け越したこと
②ナゴヤドームで勝てないこと
③ヤクルトに大きく勝ち越せなかったこと
今年は阪神戦で健闘しただけにもったいなかったね😰
逆に課題が明確になったシーズンでもあったし、ぜひ来年は改善して欲しいね‼️
ロクに取材してねぇだろ
適当な記者が多いから真摯に頑張ってる記者さんが報われねえよな
> ソト本人が打撃に好影響があるという理由で希望したことなどから、二塁での出場が増えたという。
要はダメラミって事w
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR