TOP > 政治・経済 > 「特定技能」外国人はなぜ増えないのか? 「開国政権」が開いた「移民国家」への扉(2) WEDGE Infinity(ウェッジ)

「特定技能」外国人はなぜ増えないのか? 「開国政権」が開いた「移民国家」への扉(2) WEDGE Infinity(ウェッジ)

14コメント 2020-10-03 06:19  WEDGE Infinity

特定技能の送り出し国として最も期待されたのが「ベトナム」だった。ベトナムは、実習生全体の半数以上に相当する約22万人を送り出している。そのベトナムでは、特定技能の資格取得のための試験が、いまだ実施され...

ツイッターのコメント(14)

ベトナムは都市部と田舎の経済格差は、これからさらに日本以上に広がっていく気がする。
「ベトナムでは、特定技能の資格取得のための試験が、いまだ実施されていない。「悪質ブローカーの排除」を求める日本側に、ベトナム政府がへそを曲げているからだ」; @WEDGE_Infinity
あたしの大好きな出井大先生の待望の最新記事。留学生の8割が偽装で出稼ぎ目当てだって理屈なら特定技能増えるはずでしたもんね。残念ながら、先生の指摘は的外れだってことなんですよ。将来日本で生活したい(働きたい)のであって、単純労働の需要はさほど多くありません。
原因を「ベトナム側の送り出し機関」と「日本の魅力低下」としてるけどそれは2の次。最大の問題は企業が「転職できる外国人を雇う」メリットが無いから。
うーん、「悪質ブローカーの排除」を求めているのは技能実習も同じなので、これでは理由になってませんよね。
全文を鵜呑みにはしないが…
特定技能が進んでいないのはたしかですね。
「悪質ブローカーの排除」を掲げる特定技能だが、技能実習にしろ特定技能にしろ制度自体が「悪質」なのだからどうにもならない。
ウェッジ連載2回目です。「技能」「優秀な人材」といった言葉で繕ったところで、政府の本音が底辺労働者の確保であることは外国人たちにバレています。無理やり数値目標を達成しようとすれば「留学生30万人計画」の悲劇を繰り返すことになるでしょう。
特定技能は入社4年目くらい?の給与と同等、ボーナスも日本人と同様。結局実習生よりコスト高。でも優秀ならば問題ないかもしれない。日本語とか技術とか果たして?
日本で働く魅力は急速に低下している。
そりゃそうだ
> WEDGE Infinity(ウェッジ)
特定技能開始1年の今年3月末時点で通算3987人と、たしかに特定技能は増えていなかったのですが、そこから4ヶ月経った7月末の時点で通算6669人(入管庁発表の速報値)と、コロナ禍にも関わらず初年度の3倍程のペースで増加しています。今年下半期はペースが更に速くなるのでは。
「悪質ブローカー」と言う相手国の体制から来る如何ともし難い事情&日本自体の魅力低下。なるほど
特定技能制度の送り出し国として期待されていたベトナムにおける意識について。参考になる。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR