TOP > 政治・経済 > 今、日本が「移民問題」に向き合わなければならない理由  WEDGE Infinity(ウェッジ)

今、日本が「移民問題」に向き合わなければならない理由  WEDGE Infinity(ウェッジ)

10コメント 2020-09-18 06:49  WEDGE Infinity

日本における外国人労働者は165万人(2019年)にのぼり、過去5年で約70万人も増えている。中でも大きく伸びているのが、技能実習生で19年末は約41.1万人(前年比25.2%増)となっている。技能実...

ツイッターのコメント(10)

残念ながら日本の移民問題は世界でも最低レベル。いずれ、日本には外国人の移民は来なくなるかも。移民は「異民」なのです。
(2020年9月18日)

#日本語教育 #日本語教育関連報道
使い捨てではなく、日本人がやりたくない仕事の安価な調整弁の為ではなく、
公正な外国人勤労者を増やす事には賛成です。

今、日本が「移民問題」に向き合わなければならない理由(Wedge)
@WEDGE_Infinity

↑つまり日本の国際化、移民政策についてはメインストリームですでに議論が進んでいるわけです。
そろそろ常識のアップデートが必要ですね。



 「韓国では、韓国人並みの給与が保証されていて、中間搾取がない、クリーンな制度が整えられています。
見て見ぬふりはもうやめようと
「韓国では、韓国人並みの給与が保証されていて、中間搾取がない、クリーンな制度が整えられています。」
こういう移民原理主義者を信じてはいけない。治安が悪化し、税金が日本国民以外に使われるだけ。
人口増が見込めない以上、人口政策が破綻してしまった以上、国家が責任を持って移民を迎え入れなければいけない時代になったのかも。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR