TOP > 政治・経済 > レジ袋有料化で政府が〝無視〟したプラごみの問題点 そもそも海洋プラスチック問題とは何か WEDGE Infinity(ウェッジ)

レジ袋有料化で政府が〝無視〟したプラごみの問題点 そもそも海洋プラスチック問題とは何か WEDGE Infinity(ウェッジ)

11コメント 2020-08-28 06:02  WEDGE Infinity

レジ袋有料化はプラスチックごみがもたらす問題を解決するには効果が小さい。政府は意図的にプラスチック循環の負の部分を無視していると言わざるを得ない。

ツイッターのコメント(11)

「レジ袋だけ削減しても環境問題が根本的な解決にならないのは環境省もわかっている。百歩譲って有料化を容認したとしても、プラスチックごみ全体をどうしていくかのビジョンは描けていない」
とんでもない記事☟


>環境省リサイクル推進室の金子「マイクロプラスチックの人体、生態系への影響は科学的に研究途上であり、それをもって規制をかけようという段階ではない」
リサイクルに向かないプラスチックゴミは、燃やして発電などに利用するのが得策と。
レジ袋有料化で政府が無視したプラごみの問題点。政府は50年までに80%の温室効果ガス削減を掲げるがプラスチック資源循環戦略では熱回収の方法を区別せずに記載。レジ袋有料化前にリサイクルのあり方を見直しプラスチック資源循環全体で環境負荷を減らす戦略が求められる。
もう一度見直す必要がありそうです!
無意味なことは早く中止にして欲しいな。ペットボトル廃止にしなさいよ。
では、それより、紙ストロー廃止しませんか?
エコバックも大事だがポイ捨て対策と焼却が課題なのか…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR