TOP > 政治・経済 > サラリーマン大家はなぜ失敗する?不動産投資の悲惨な末路とその回避法  WEDGE Infinity(ウェッジ)

サラリーマン大家はなぜ失敗する?不動産投資の悲惨な末路とその回避法  WEDGE Infinity(ウェッジ)

10コメント 2019-04-27 08:18 | WEDGE Infinityキャッシュ

収益化が上手くできていない投資家に多いのが、「不動産投資を副業として行う」いわゆるサラリーマン投資家と呼ばれるタイプの人たちです。ここ数年、人生100年時代の老後資金への不安から、年金や生命保険代わりとして資産運用を検討する方が増えています。...

ツイッターのコメント(10)

そもそも不動産投資に副業感覚が舐めてるよね。気軽にやる額ではない。自分も不動産に関してはそこそこ勉強したけど素人だからこそ、パートナーとしての業者選びには法人営業経験を最大限活用して慎重に判断した。そこがダメなら地獄の果てまで一蓮托生の覚悟で選ばなきゃ。
「勉強不足」&「投資をナメすぎ」ということです。そんなの不動産じゃなくても何でも失敗するよね😅
不動産投資はキャッシュフローを増やすためにやるものであって節税目的ではない。赤字は恥ずかしいし投資として失敗。
副業でうまくいく場合は、専門知識や経験、情報があるか、なければ相応の努力ができること。知識経験がなく努力もしなければ不動産投資に限らずほとんどの副業でうまくいかないと思います。

@WEDGE_Infinity
不動産屋の僕がこの方法でやっていけば勉強にもなって一石二鳥だな。
・勉強会
・いい物件
・戦う範囲を決める
融資が決定しても、銀行側は投資家に対して「あなたは貸し倒れリスクがある不相応な金額を借りようとしているから、通常より高い金利での貸付になります」とは説明してくれません(本文よ

WEDGE Infinity
不動産投資はサラリーマンがやるものではない。勉強すれば旨味ないことくらいすぐ分かるでしょうに。
何事もとことん調べることですね。長所短所両方知った上で判断できるようになりましょう / (月刊誌「Wedge」のウェブ版)
確かに。物理的な手間暇かかること多いから、サラリーマンが片手間でやるには向いてないんだよねー。たまたま僕はリーマン直後に物件買ったから儲かったけど再現性はあんまないと思っている。
大阪方面から掛かってくる営業電話に飛びつくから / (月刊誌「Wedge」のウェブ版)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR