TOP > 政治・経済 > 「闇売買」される2億件の日本人アカウント、買ったのは中国ハッカー・・・いまダークウェブで起きている〝異変〟 中国ハッカーの標的は「東京2020」。AIは”救世主”にあらず WEDGE Infinity(ウェッジ)

「闇売買」される2億件の日本人アカウント、買ったのは中国ハッカー・・・いまダークウェブで起きている〝異変〟 中国ハッカーの標的は「東京2020」。AIは”救世主”にあらず WEDGE Infinity(ウェッジ)

19コメント 2019-02-01 07:21 | WEDGE Infinityキャッシュ

通常アクセスできない「ダークウェブ」上で、中国勢を中心に日本を標的とした攻撃の動きが顕著になっている。AI技術を用いた対抗策にも限界があり、ネット空間におけるリテラシーを一層高める必要がある。...

ツイッターのコメント(19)

アカウント乗っ取りが起こってるんだ・・
政治家も中央官庁官僚も、無責任体質が骨の髄まで染み込んで無策のまま来てこの様!いったいどうする気なのか?
スノーデンが警告し深田萌絵氏杉田水脈氏が警告しても、鼻で笑ってたという男の政治家共! 有権者共々、一度地獄に堕ちないと脳内お花畑は直らんですかね?
闇売買される2億件の日本人アカウント、買ったのは中国ハッカー

『コインチェックから約580億円分の仮想通貨が盗み出されたのは記憶に新しい。この攻撃も事件前にダークウェブで情報が出回っていたとされ、盗まれた通貨はダークウェブを介して現金化されたと見られている』
パスワード変えとくか

>
[WEDGE]

◎中国ハッカーが狙う日本 「実験台」にされる台湾
◎AIの活用進むも解決の決定打にはならない
これの基本は だけど、PCとリンクしてる人も注意。

<WEDGE Infinity> @WEDGE_Infinity
スパイ防止法が無理なら、経産省などに対策局の設置を❗

中国ハッカーの標的は「東京2020」
「ある警察関係者によれば、当局は、サイバー攻撃が画策されて違法行為の温床にもなっているダークウェブを組織的に監視はしていないという。」
/
@WEDGE_Infinity「中国ハッカーが狙う日本 「実験台」にされる台湾」
ダークウェブ上で個人のメールアドレスやアカウント情報が売買されている。昨年8月には日本人46万人に対して「無料チケットオリンピック」というスパムメールがばらまかれ、3万人以上がリンクをクリックしてマルウェア感染した。ネットリテラシーが低いとどんどん標的にされる
@WEDGE_Infinity
〈日本が標的〉中国は本格サイバー攻撃を始めたね!成り済ましや乗っ取りが頻繁に!
日本人はオリンピック関連のメールに要注意!
46万人向けに 無料オリンピックチケット メールを送ったところ、3万人がリンククリックしたらしい。

そんなに?それならsagawaメールに引っかかるのも分からなくはないか。
@Tonpin1234 @Tonpin1234 おはようございます。「闇売買」される2億件の日本人アカウント、買ったのは支那ハッカー・・・いまダークウェブで起きている〝異変〟支那ハッカーの標的は「東京2020」。AIは”救世主”にあらず 話題株 3356 テリロジー
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR