TOP > 政治・経済 > ファーウェイ事件の恐怖、在米中国人エリート層が逃げ出す日 トランプの真の狙いとは? WEDGE Infinity(ウェッジ)

ファーウェイ事件の恐怖、在米中国人エリート層が逃げ出す日 トランプの真の狙いとは? WEDGE Infinity(ウェッジ)

32コメント 登録日時:2018-12-14 07:53 | WEDGE Infinityキャッシュ

米国は何より、多様性に価値を置いてきた。しかし、トランプ大統領の中国に対する露骨な狙い撃ちによって、このような米国の固有価値観に背馳する一面も露呈した。中国人エリートたちが戸惑うのも無理はない。...

ツイッターのコメント(32)

米国が勝利するとこの地球は分断される?そんな鬱陶しい未来が待っているのか?でもそれが現実かも。> @WEDGE_Infinity #パリ #米国
支那人は多かれ少なかれ不正を行っているという事でしょうか?
はっきりとした罪状が無ければ逮捕は出来ませんよ。
逮捕される=法律を犯しているという認識なのでしょうね。
それとも中共の様に罪状をでっちあげて逮捕されるとでも思っているのでしょうか?
中国人エリート層といっても…敵か味方かの弁別が簡単につかない。たとえしようとも莫大なコストがかかるし、正確性も保障されない。ならば、その弁別をいっそ諦めたほうが効率がよい。
キーワードは「分断」と「棲み分け」。だから、掛け橋(在米中国人エリート)は要らないのだ。いや、邪魔で危険なのだから、早く撤去したほうがよい。トランプ氏はこう考えているのではないか。

米中冷戦の始まり。
アングロサクソンを怒らせると待つのは破滅のみ🤔

ファーウェイ事件の恐怖、在米中国人エリート層が逃げ出す日(Wedge)
中国側が書かせた揺さぶり記事だな。
■米国/新冷戦

米国の対中方針

①「分断」
中国の進歩を抑制
・通商の鈍化
・サプライチェーン無効化

② 「棲み分け」
①が失敗し米国を超越しても、中国依存より棲み分けが有利

だからトランプ氏は、
米中の掛け橋=在米中国人エリートは不要と考えているのではないか
アメリカとソ連が宇宙開発、兵器開発競争をしてゐたころを思ひ出す。その結果、ソ連は敗退した訣だが。支那はどうか。これからソ連同様の分離政策がアメリカ中心に始まるのだらう。/
「キーワードは「分断」と「棲み分け」。だから、掛け橋は要らないのだ。いや、邪魔で危険なのだから、早く撤去したほうがよい。トランプ氏はこう考えているのではないか」
アメリカ3.2億人 中国13.5億人という規模感の話だからなあ
民事でも被告になれば出国できない国。日本は甘いな
トランプの真の狙いとは?米国は何より、多様性に価値を置いてきた。しかし、トランプ大統領の中国に対する露骨な狙い撃ちによって、このような米国の固有価値観に背馳する一面も露呈した。
在米中国人エリートにこのような危機感が生起しているのであれば、トランプ大統領の舵取りに注目だ。この貿易戦争は最終的に誰を利するのか?
アメリカにとって中国排除の方向だけで未来はあるのか?
むしろ中国の内部からの変革に使えないのか?
様々な形態によって中国は外国人に出国制限をかけることができ、在米中国人のエリート層にもファーウェイ事件の激震が走る。立花聡さんのコラム。  在米の中国人エリートたちは、実は米国にも中国にも疑われる可能性がある。
やはり民間企業とはいえ米国です。
中国出張を抑制する企業も現れ始め対中警戒が本格的になっています。
翻って日本の危機感のない経済団体などは中国のカモです。
この記事読んでつい著者のプロフィールをHPで確認した。情報の入手経路があれかな😩 →
日本人の視点からこの記事に付け加えたい事は、文中の "在米中国人エリート層" は、日本たたきにはかなりの確率で積極的な参加をするのでは?という恐怖が有る事
@WEDGE_Infinity
*カナダでのファーウエイ副社長拘束問題で早速中国政府がカナダの元外交官を報復拘束した事で、在留中国人VIPの帰国や米国訪問を控え始めたと!遂に人材交流にも陰か!
7つもパスポート持ってる人民解放軍の紐付きの情報スパイの逮捕と元外交官の一般人を法的根拠一切無しで不当に拘束する事が対等て。
必読。/
中国に限らず、共産圏が自由圏を騙し続けてきた代償だと思うけどね。
人種の多様性に価値観ってあくまで米国人であるのが前提でしょ(友邦も含むと思われるが)。寄生してくるだけの中国はそこに含まれてない。中国が悪用してる国籍の出生地主義否定も絡んでると思う。軒先を貸して母屋を乗っ取られるような馬鹿でないだけだろう。
何か他人事の様に書いているが、今の米国の戦略が今後も先鋭化し失敗した時には、日本が売られるって事だ。/
“このように、様々な形態によって中国は外国人に出国制限をかけることができるのである。” / “ WEDGE Infinity(ウェッジ)”

→がんは早期発見し、切除することが適切、という考え方に近い
カナダがパスポート複数使用という明白な違法行為をもとに逮捕したことと、中国が難癖的に逮捕したことを同列に並べるのはおかしいでしょ。
中国はカナダだけを敵に加えたのでは無い。いよいよその時がくるのか?米国が日本に真珠湾を攻撃させた時と同じ状況に感じる。
著者が主張する「問題解決」は「分断とすみ分け」という指摘。私もそう思うのと同時にこの問題が長期化するかと思います。在米中国人にとっては大きな逆風 / (月刊誌「Wedge」のウェブ版)
以上

記事本文: ファーウェイ事件の恐怖、在米中国人エリート層が逃げ出す日 トランプの真の狙いとは? WEDGE Infinity(ウェッジ)