TOP > 政治・経済 > あいつはプロレスラーの強さって何なのかをわかっていない 元プロレスラー キラー・カーン【後編】 WEDGE Infinity(ウェッジ)

あいつはプロレスラーの強さって何なのかをわかっていない 元プロレスラー キラー・カーン【後編】 WEDGE Infinity(ウェッジ)

29コメント 登録日時:2018-01-16 08:06 | WEDGE Infinity(ウェッジ)キャッシュ

前回と今回は、元プロレスラーのキラー・カーンさん(本名・小澤正志)を取材した。1970年に大相撲を廃業し、71年に日本プロレスに入門。73年に新日本プロレスに移籍後、191センチ、135キロの大型選手として頭角をあらわす。...

Twitterのコメント(29)

あとヒールについての言及で、このキラー・カーンのインタビューを思い出したのでした。
米国でのギャラもアントン・ハイセルにぶっ込まれよったんやねえ…
《アメリカのギャラをきちんと受け取っていれば、まだ、「俺は、お金が十分にあるよ」とおふくろに言って渡すことができたのに。本当に悔しい》
小澤さん飛ばしてるなあ(笑)

面白い。
マサ斎藤のご冥福を祈りします。
「信頼される人間にならないとダメなんだ」か。
( ˘ω˘ ) 沁みるなあ。。。。
ぶっちゃけるなキラー・カン!
「アメリカのプロレス界では、
嘘をつかないことがまず必要だ。
その次に、会社の求めている役割とか、
立場を心得て、お客さんが喜ぶ
試合をしないとダメなんだ。
必ず、立場や役割があるんだよ。」

このインタビュー、タメになるな~。
堀江貴文=長州力説…
タイトルを見ただけで、誰の事を言ってるのか分かった。カーンは長州が嫌いなんだよね。
長州のことまだ恨んでるのね

Infinity(ウェッジ)
さらにdisが続くw
格闘技的には強者であった長州力のプロレスの拙さをかなり具体的に証言。
カーンさんにこないだの長州プロデュース興行のことを聞いてみたい気はするけど、嫌な顔されるだけだろうなあ…。 / Inf…”
後編、実名まで出てくる :
カンさん好きだったのに、なんか残念なオジサンになっちゃったよね
長州って神格化されてるきらいがあるけど自分が子供の頃は長州の試合は全然面白く感じなかったなあ。
マサ斎藤さんはやっぱり好人物なのか。引退試合、素晴らしかったな。試合後のコメントも込みで。 / Infinity(ウェ…”
なにこの酒飲みながら読みたいエピソードは /
面白すぎる。連載して欲しい。 /
ぜひ連載にしてほしい.もちろん小澤さんの話だけで /
ガーンといけカーン(本名・小澤正志)さんのインタビュー/長州評がおもろい /
プロレスには、裏がある。そりゃそうだよ。ボクシングならば、グローブで殴り合うし、(明確な)ルールもある。だけど、プロレスは素手で殴り合う。お互いの信頼関係がなければ、試合が成立しないんだ。
どの世界でも同じなのかもしれないね。突き詰めると、最後は信頼できるかどうかってところは
以上

記事本文: あいつはプロレスラーの強さって何なのかをわかっていない 元プロレスラー キラー・カーン【後編】 WEDGE Infinity(ウェッジ)

関連記事