TOP > IT・テクノロジー > インターネット運用型広告の出稿先50%が「Google」、年間で400億円【EVERRISE調べ】 | Web担当者Forum

インターネット運用型広告の出稿先50%が「Google」、年間で400億円【EVERRISE調べ】 | Web担当者Forum

17コメント 2019-08-19 07:13  Web担当者Forum

【Web担】EVERRISEは、2018年国内の運用型広告費の約7%にあたる広告費を分析。およそ50%(400億円)がGoogleへの出稿だという調査を発表した。

ツイッターのコメント(17)

前回のこの記事、想定よりも読まれすぎちゃってて、少し焦る。というかミスリードに繋がっちゃう内容なので反省。もうちょっとしっかりと書くんだった汗
※想定グロス換算
※ダイレクトレスポンス系の主多そう
>
運用型広告の企業内訳。Googleはやっぱり頭抜けているとして、肌感覚だとCriteoはもっと割合が高い気もしてたんだけど意外と低い。
半分がGoogle…
LAPなどAPI連携していない媒体も多いのでは?てのが前提ですが。それにしても強いな…。ATOMやgluでもリリースしてほしいな。
Facebook広告が思ったより多い!
まじか。
Google 凄いな
LAPが入ってないのは2018年だからだろうか。2019年で統計とるとランクインすると思う。
--
Google50パーセント
なるほど。
運用型広告はGoogle,Yahooで7割使われてるんですね。FB入れると90%弱。
データソースが気になってサービス理解されるので良いプロモーションになるPR / (Web担当者Forum)
この比率でYahooの年間広告売上3.3億円を当てはめると、インターネット広告費が1.5兆円くらいになるが…さらに代理店手数料入れると1.7兆円くらい?

うーん、、この代理店さんの顧客ポートフォリオがわからんので何とも利用しづらいデータ…
肌感3-4割くらいかなと思ってたけど、5割か。今後さらに増えていきそうだな|
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR