TOP > IT・テクノロジー > Web担当者Forum > おじさんマーケタ...

おじさんマーケターは若者を理解できるのか? 行動観察調査で見た若者のスピード感とダイナミズム|POLA 中村俊之 | [若手マーケターコラム] Half Empty? Half Full? | Web担当者Forum

41コメント 登録日時:2019-02-12 07:05 | Web担当者Forumキャッシュ

【Web担】若者世代を対象にして実施したエスノグラフィック・リサーチ、その結果から見えてきた可能性とは...

Twitterのコメント(41)

想像には限界がある。実際に会って話してが大切じゃ。
これおもろいわ >
20代(大学生と社会人)のメディア接触の特性。やはり同じ20代でもSNSでよく閲覧しているものは大学生と社会人では異なる。体験環境は横になってスマホの世界に没頭するという共通姿勢。
男性社会人のストーリーズ閲覧へこんでる
この逆パターンに触れないところがアレだな…
ウェブ解析士試験でも出たけど、具体的な調査手法が把握できます。

"ついついマーケットやプロダクトといった言葉から語ってしまうことも多いですが、デザインシンキングなどでも大切にされる「人間を中心に考えること」を出発点にしていきたいと反省しました。"
文化人類学の調査手法をマーケティング調査に活かした例。
方法もおもしろいんだけど、なにより衝撃だったのは
調査の結果あきらかになった若者のライフスタイル:
「家に帰るとすぐベッドに直行、ごろごろしながらスマホ見る」(大意)
あっ自分も前半は同じ、と思いました。
とても興味深い調査。いま取り組んでいるニュース接触の調査に参考になる
逆におじさん世代一般のITリテラシーとかがわからなかったりする。コピーやデザインを考えるのにもっと人に興味を持たねばとは思う。
スピード感を出すにはやっぱり自ら実行するって事がとても重要かと。

なんでも自分で確かめてみてから判断するような人間になりたいもんです。 /
受け入れるのと理解するのは違うんですよね。
Tik Tokは、理解はするけど受け入れられません。笑
例えば、Tik Tokを商売にもしたくありません。

でも、若者たちの承認欲求には強い興味を感じます。最近のバカッター、バ...
自分が若いと意固地になるのもよくないし、おじさん風に隠居するのもちょっと...
ただ、少なくとも大学生と同じような生活はしてなさそう

>>
もはや一回りも離れてない学生の気持ちすらわからんからな。若くありたい。
若者がSNSをどう使うか理解したければ、みんなスマホ持っているのだから、観察の前に使った方が早いよなと思っている。
観察より、相手の立場になりきること。

最近、情報だけで理解しようとする人と、実際に使っている人との理解度の差を感じることが多くなっているので。
まさに会社の現状がここで悩んでいる。
» 驚いたのが家に帰ってから寝床で横になるまでの早さと、ゴロ寝視聴における環境充実度です。 テレビやパソコンを利用する人もいたのですが、今回調査した4名とも「横になってスマホ世界に没頭する」という共通姿勢がありました。 おじさんマーケターは若者を理解できるのか
これだけスマホファーストな人口が増えた中、メディアもどこまでこのデバイスを活用できるかだなー /
> 寝床で横になるまでの早さと、ゴロ寝視聴における環境充実度
若者じゃないけど…わかりみがしんどい
各世代で夢中になったデバイスによって行動様式が若干変わるんでしょうね。 /
自分の頭で想像できる範囲は限られている。 /
自分ももうおじさんだから読んでみた。

1. 若者のインスタストーリーは今を切り取ってる、おじさんのはFacebookの延長。→確かに

2. 若者は帰ってきたらすぐ寝転がってスマホ。→なるほど

3. 若者は映像メディアのながら視聴が多いから、映像の音が重要。→ふーん
エスノグラフィックでは限界ある。盗撮盗聴&スマホログ収集くらいしないと。(FacebookがTeenにお金払ってやってるやつ) /
マーケティングと言うよりか、物でもサービスでも哲学主義的なことになっているのではとは思う。 /
調べれば調べるほど 分からないズレてる違ってるところが明らかになり その上でどうやればリーチできるかさらに熟考する | @webtanforum
>スマホとともに布団の中で過ごす

心当たりがありすぎて…
小娘の心情分析するなんて、大変なお仕事。
--
ゴロ寝が中心の生活になっているというのはものすごく理解できるな…これからさらに便利になったらどうなるんだろう。
理解はできても信じて打ち手を集中させることはできなそう /
確かに同じ20代でも学生と社会人だと傾向はかなり違う。対象者にダイレクトで聞くのは大切だな。
かつ、ながら〇〇が当たり前の時代における音声の重要性は注目しなきゃですね。
このエスノグラフィック調査は結構仮設に基づいて検証してるな。勉強になった。
面白い行動分析。 /
チェック →
>「おじさん」マーケターは、どうすれば「若者」を理解することができるのか? 私たちの議論は文化人類学にまで話が発展し、最終的には若者世代のことを「異文化」と設定してエスノグラフィック・リサーチをおこなうことになりました。

おもしろくて勉強になった!
生活スタイルが想像出来ないので、ホントその世代にヒアリングやら実証実験をしない限り無理だと思ったわ
エスノと言いながら世代、職業レベルまでしかグルーピングできてないのでやり直し。行動観察調査ってゆうからには…
観察者の目があれば意味のある結論は導き出せるとは思う。被験者がものすごい速さで変わってるのか、本来そうであるものに調査の手法や技術がおっついて、あれやこれや言えるようになっただけなのかは分からないなぁ。
こちらの文章を読んでのフォロワーの皆様の率直な感想聞いてみたいです。

ーーー
記事をアップしました!
以上

記事本文: おじさんマーケターは若者を理解できるのか? 行動観察調査で見た若者のスピード感とダイナミズム|POLA 中村俊之 | [若手マーケターコラム] Half Empty? Half Full? | Web担当者Forum

関連記事