TOP > 政治・経済 > 財政難に苦しむ野辺山宇宙電波観測所のこれから - 立松健一|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

財政難に苦しむ野辺山宇宙電波観測所のこれから - 立松健一|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

76コメント 登録日時:2020-01-20 10:13 | 論座キャッシュ

 長野県の八ケ岳山麓にある野辺山宇宙電波観測所は、日本の天文学初の国際レベルの大型観測装置を備える観測所として1982年3月に開所した。建設予算総額110億円。それまでの基礎科学予算の最高額であった...

ツイッターのコメント(76)

なんでこういう世界に誇れる施設まで交付金削減しちゃうんだろう。
山中教授のiPS細胞研究の補助金を打ち切ると不倫厚労省審議官に恫喝をさせ、世界クラスの研究成果をあげる野辺山観測所を閉鎖の危機に追い込み、ノーベル賞受賞科学者から毎年批判を浴びても、馬耳東風だもんなぁ、安倍ちゃん
野辺山の今についてはこちら。無料で読める部分だけでもぜひ。今なお多くの論文を生み出す成果を上げつつ、若手研究者の育成の場として、電波天文学の裾野を固め、広げる役割を担っていることが分かります。
クソみたいな反日活動芸術に金くれてやるくらいなら、次回トリエン予算の県負担分を8億円として、この全てを野辺山に寄付するというのはどうか
天文学に貢献したあいちの株が上がるの間違いなしだし、県民もそれの方がずっと清々しいキモチになれる
「最盛期には学生を含め120人いた所員は、現在31人。3年後には13人…厳しい台所事情のもとであっても、我々は45m電波望遠鏡ができるだけ長く現役でいられるように鋭意努力中」

どこもかしこも縮小と合理化の波。

- 立松健一
続き)そして3つめは野辺山宇宙観測所が財政難に陥っている件 。これ、狭義にはインフラに含まれないかもしれないが、教育や科学技術の発展に資するという観点からは、インフラに準ずるものと考えたい。(続く
こういう研究にこそお金を使うべきであって、アホな知事やら役人の給料や世界運動会の無駄な使い方を止めろよ。
寂しいなぁ。活用できるものならして欲しい。
こういうところにふるさと納税やCFで支援が出来ると良いのだけれど。
最盛期には学生を含め120人いた所員は、現在31人。3年後には13人となる。
我々は45m電波望遠鏡ができるだけ長く現役でいられるように鋭意努力中

こーゆーところにお金使って下さい
財政難に苦しむ野辺山宇宙電波観測所のこれからー 所員は120人から13人へ、それでも45m望遠鏡での研究継続に奮闘ー日本の科学の疲弊は深刻
今年こそはここに写真撮りに行きたい。
「所員は120人から13人へ、それでも45m望遠鏡での研究継続に奮闘」
もう言葉がないな。そこまで徹底的に科学の基礎研究を憎んでいじめ尽くす日本政府って、何なんだろうね。。。
チリのアルマ電波望遠鏡に繋がる野辺山の現状は斯くも厳しいものなんすか…。
【財政難に苦しむ野辺山宇宙電波観測所のこれから】-
わかった。現在の日本は崩壊時のソ連の状況にあるんでしょ。なんでも売って独立採算みたいな。
これもどこかのズル仲間のしわ寄せ
基礎研究の衰えは生活の土台を劣化されす。研究開発費の減額は国の政策転換を進めてもらうとして、その結果を待つ余裕は無い。学術系CF「academist」などを半官だろうとなかろうと活用して欲しい。寄付先を探している個人は少なくない。財政難に苦しむ野辺山宇宙電波観測所
ええーー
浮世から離れて宇宙をみている姿が好きで何度も足を運んでいる野毛山。

世知辛い、、

------
「で、それなんの役に立つんですか?」の末路だろ
ここは長野の友人に初めて連れられた時近づいたあたりで「しばらく目をつぶれ」といわれ 開けていいぞといわれて目に飛び込んできた巨大なパラボラ群の圧倒感は忘れられない
「国立大学などへの運営費交付金は、2005年度より年1%ずつ減額され、すでに限界値以下である。特に、科学をボトムアップで支えるはずの地方大学の疲弊が著しい。」
海外にピカピカで高性能な観測所を作る代わりに国内の観測所を事実上潰しちゃってる…
お金ないって辛いね。
哀しい時代になってしまった。。
沢木耕太郎さんがJR東日本の車内誌に連載しているエッセイ「旅のつばくろ」。今月号に、野辺山の天文台の研究者が抱く宇宙に向けた思いとまなざし、そこから繋がっていったら希望のある素敵なエピソードが掲載されていた。夢のある施設、国がしっかり支えてほしい。
覚えてるだろ?あの
新しい世界が…
お世話になった観測所の名前が並んでるの辛いな。。今まで専門に分かれる前の学生向けに行われてた実習も無くなりそうっていう話は聞いてたけど、改めてこれが現実か…って。
”Nature誌が繰り返し指摘しているように、⽇本の科学論文数における競争力が顕著に低下しており、その原因は不十分な予算である。中国の科学論文数は、すでに日本を大きく上回る。”
お金がないって本当に悲しいねぇ。。。 >
勉強と研究は異なる。大学入試を含めた勉強は、「正解」があり、「正解」に最短経路で行く競争である。一方、研究は正解がまだわかっていない。神ではない我々は最短経路を知ら
ガキの頃 野辺山に遊びに行く時、周りが畑の中異質のように巨っ体なパラボナがあって昔から知ってる
こんな数々の発見をした重要な場所だったのか
金が無くてここまでになってしまうのは悲しい
泣けてくる。科学に予算を使えない政府のダメさに泣けてくる。
想像よりずっと深刻な問題提起だった。特別公開をやってくれるだけでも奇跡…
📰天文学者の切実な声

野辺山の45m電波望遠鏡は、数々の天文学の重要な発見を成し遂げてきた名望遠鏡です。今でも一線で活躍できます。
ところが政府の科学予算削減で、観測回数が減少。とうとう研究者が使用料を払うまでになり、閉鎖の危機に……
天文学者の切実な声です。
立松健一 国立天文台教授 2020年01月20日

>私自身、天文学者としての基礎は野辺山で鍛えられた。そして今、所長として財政難に立ち向かっている。
あくまで一つの例だが、全ての根っこは緊縮財政なのだろう!これをいかにぶっ潰すか!
<望遠鏡を駆動するには相当の電気代が必要となる。その確保が難しくなり、望遠鏡の稼働時間を減らさざるを得ない。残念ながら、観測時間が少なくなれば査読論文、そして修士論文・博士論文の数の減少は必至である>
原発動けば電気代の心配なんか必要なくなるのにな。
>頭痛の種は電気代である。700トンある望遠鏡を駆動するには相当の電気代が必要となる。
|
研究開発に潤沢な予算を‼︎ /
(立松健一) 【論座】
1/20から48時間は無料で読めるようです。読むなら今のうち!!
電波天文学者を育てる基盤が、失われようとしている。現場が、お金がなく望遠鏡の電気代が悩みの種、という状況で世界と戦えるかね。

「財政難に苦しむ野辺山宇宙電波観測所のこれから」立松健一 国立天文台教授、朝日新聞web版「論座」
"日本の科学の疲弊は深刻"
「科学の疲弊状態をこのまま放置すれば、間違いなく日本は科学の二流国になる。事態は本当に深刻である。」

“財政難に苦しむ野辺山宇宙電波観測所のこれから”

無料閲覧は2020/1/22朝10時まで
母校農場の近所にある天文台が苦境にたたされている
頑張ってほしいが僕に何が出来るのかといっても具体的になーんもないのが非常にもどかしい
1月20日午前10時から48時間は無料で読むことができるという「財政難に苦しむ野辺山宇宙電波観測所のこれから」…写真が懐かしくて眺める。…といっても、幼い頃に暮らしていたから懐かしいのは、野辺山宇宙電波観測所ではなく野辺山太陽電波観測所なんだけど。
野辺山も苦しんでるな。なんで予算付けてあげないの?
金がなきゃやめるのが早まる
Discover(Google)から
涙が… 世界に誇れる素晴らしい財産を、日本という国は次々と捨て去っている。

株価の上昇に浮かれている間に、ふと足元を見たら地面が無くなっているかもしれない…
「科学の疲弊状態をこのまま放置すれば、間違いなく日本は科学の二流国になる。事態は本当に深刻である」。

これはもう「国難」だから「科学国債」とか発行しろ、と思う。
@yousuck2020 [100万円を野辺山宇宙電波観測所へ]

詳細:
提案1. 前澤様のYouTube動画で野辺山宇宙電波観測所へ100万円を届けに行って下さい。その際に天文学者の方と観測所ツアーしながら対話して頂き、日本の基礎研究に関して世界へ発信して下さい。
なんで愛する祖国は基礎研究の予算を削減するのん?
国中の研究者の足元を削っていったら化学立国は終焉を迎えちゃうと思うの……。
これは人間にとって宇宙を見るための優れた目です。これを失えば人間は大事な目を失うだけでなく、この目を使って優れた人材を育成する機会もまた、失います。
天文学を含む日本の学術研究の現況を、野辺山宇宙電波観測所の内側からの声で知ることができます。ぜひ読んでみてください。
多くの人に読んでほしい
もともと天体観測の分野はアマチュアの星見人が担ってきた大きいが、さすがに元締めの野辺山が13人はまずいでしょ!ハッブルも満身創痍なのに…
23年度から大学共同利用から有償利用へ移行する現状と今後について立松健一所長の手記(現在無料閲覧可能)来年度も特別公開は継続したいとの意向。是非ご一読
パラボラアンテナ動かす電気代にも事欠く国なのか… /
「年限のある競争的資金獲得のために研究が近視眼的になり、また、競争的資金を当て続ける難しさから研究をあきらめる大学教員が続出する。日本の地方大学、冬の時代である。」

周辺で大量観測、でも教授にはなれる🥶🥶
技術的なことは分からないけど、本当に重要な施設なのであれば予算に縛られないとか出来ないのかな。オウンドメディア開設して民間レベルと動く🤔やりようあると思うけどな〜
清里で見たとこっすねぇ
野辺山宇宙電波観測所を見学する為に
SLホテルに宿泊したっけ🤔
むか〜しむかしの想い出😁
それにしても日本は科学技術に予算を付けなくなったよねぇ🤔
余計な場所に出す割に🤔吉本
@yousuck2020 在米中からNASAそしてSpaceXファンです。
宇宙に行こうという前澤さん、100万円ください!
全額野辺山宇宙電波観測所に寄付します。
もし私が当たらなくても、使い道のないお金があったら、ぜひどーんと寄付してください🙏名前が残ります😇
よろしくお願いします。
幼少期、毎年ココを通って親戚宅に行った。当時は間違いなく、"但し書きナシで世界一"。
それが今やこの実情。我々世代がニッポンの経済力を食い潰して成育した感があり、悲しい。
野辺山の電波天文台、できたのが俺が子供の頃で、当時購読してた科学雑誌ですげえ力入れた特集組んでたからよく覚えてる。ずっと憧れの場所だった。
国立天文台教授の立松健一先生の一文、天文学に限らず、長期的視点に立ち、基礎科学にお金を投じることは重要なことではないかと思われるのですが。 所員は120人から13人へ、それでも45m望遠鏡での研究継続に奮闘
朝日新聞が運営する「」にて、所長が執筆した「財政難に苦しむ野辺山宇宙電波観測所のこれから」と題した記事が出ました。会員向け有料記事ですが、1/20(月)10:00より48時間内は無料で読めるようです。是非ご一読ください。
1/22 午前10時まで無料で読めるとのこと|
以上

記事本文: 財政難に苦しむ野辺山宇宙電波観測所のこれから - 立松健一|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

いま話題の記事