総裁選後に問われる自民党の切実な課題とは?~中堅・若手の声をいかせるか - 大濱﨑卓真|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

7コメント 2021-09-27 08:43 論座

 自民党総裁選も29日の投開票まであと数日。菅義偉首相(自民党総裁)の退任表明から長い道のりだったが、長丁場となった総裁選はこれまでにない展開を見せ、「密室政治」から脱却したガチンコの戦いとなって、メ

ツイッターのコメント(7)

維新は衆院議席増のタイミングでやるべし

先に若返りを図れた政党こそが、今後の10年、20年の日本をリードしていくことは間違いない」ということだ。それは、自民党だけでなく、立憲民主党、公明党、共産党、日本維新の会、国民民主党、その他の政党にも言えることだろう。
原発立地県(あるいは電力立地県)軒並み敵に回したと思うけどな河野氏。44都道府県も取れないのでは。

/
(明日まで無料)
総裁選のことばかりで恐縮ですが、目線をもっと遠くにして、自民党の「中堅・若手」がこの総裁選で党本部にきちんと爪痕を残せるかどうか...持論と一緒に書きました。こちらもぜひご査収下さい。
(※ヤフーの記事とサムネが一緒になったのは偶然)
変化しない与党なので活かせない
五十八の歳まで名前は揮毫の左…と教えてもらってないんだ。
太郎ちゃん、これはね、とてもとても恥ずかしい事なんだよ?

「それにつきましても議論して参りたいと思います」
「先に若返りを図れた政党こそが、今後の10年、20年の日本をリードしていくことは間違いない」

同感です。もちろん、私は押し出される側ですが。
>「先に若返りを図れた政党こそが、今後の10年、20年の日本をリードしていくことは間違いない」ということだ。それは、自民党だけでなく、立憲民主党、公明党、共産党、日本維新の会、国民民主党、その他の政党にも言えることだろう
以上
 
PR
PR