日本の「凋落の30年」はこれで克服する~前原誠司・衆議院議員の提言  - 前原誠司|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

6コメント 2021-09-27 21:55 論座

 日本も世界も課題だらけの今の世の中で、政治が果たすべきつとめは何なのか。現役の国会議員が、それぞれ関心のある分野について、課題と解決策を論じるシリーズ「国会議員、課題解決に挑む~国民民主党編」。今回

ツイッターのコメント(6)

積極財政ゴリ押しでれいわとほぼ変わらない国民民主には残念な限りだが、
前原さんの主張は共感する部分がかなり多い。総選挙自公民連立もあるか?
–日本が凋落の30年から脱却するためにも、政権交代だけにとらわれない、柔軟な政党間の関係を追求することも必要だと思います。

本当にその通りですね!
残念ながら日本では政権交代の文化が根付いていないですから、政策実現の為には様々な選択肢もあると思います。
“個々の政策について、個別の政党と協議したうえで提携して政策を実現する「パーシャル連合」という形もあります。”
賃金の上がらない日本は 教育の無償化では変わらない その目的が
大学院進学が当たり前になる事で無ければダメ
日本で大学院進学が当たり前になるのには 何が必要? 前原さん

-
【事務局からご案内】先日、取材を受けました朝日論座です。是非、ご覧ください。
以上
 
PR
PR