TOP > 政治・経済 > 自滅に向かう政治主導と「内政の司令塔」不在が招いたコロナ対策の破綻 - 牧原出|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

自滅に向かう政治主導と「内政の司令塔」不在が招いたコロナ対策の破綻 - 牧原出|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

79コメント 2021-05-08 20:10  論座

 新型コロナウイルス感染症(以下「新型コロナ」)に対する政府の対策があまりにもお粗末だという声が、全国に満ち満ちている。 「第3波」を乗り越えたとして、年明けに発令した2度目の緊急事態宣言を3月に解除

ツイッターのコメント(79)

われらどう乗り切るこの時代...

"問題の根源は、安倍・菅政権に共通する構造的な欠陥にあるのではないか。(略)どのような形であれ、菅政権もいずれは終わる。現状のままでは、後継政権もまた厳しい状況におかれるのは必至であろう。問題はそれほどまでに根深いのである。"
「橋本も小泉も、官僚がなぜ「政策に反対する」のかを理解できる経験と知力・胆力があった。菅首相の発言は…能力不足を示しているに過ぎないのである。」/
政治の現状が過去からの地続きで分析されていて一読にの価値あり。政権が変わるたびに劣化していくのはシステムの問題というのがとても腑に落ちる。
牧原先生の論考はこちら。
民主党政権が掲げた「政治主導」はなんでも政治家がやることだったし、現在の「政治主導」は人事権をもって官僚を統制する事だ。
どちらも間違っていてその混乱が続き、現在は弊害さえ起こしている。
これを正す妙案はない。時間が過ぎるのを待つのみ。50年か100年。
この牧原論文、野党支持者からすれば気分悪いものでしょうが、このまま官邸主導でコロナ対策をやれば確実に崩壊するという危機感に溢れた論文。

「このままやれば「ダメ」野党に政権獲られますよ」というロジックで、抜本的改革を迫るもの。

それだけ危機的ということ。
官邸官僚による断片的・恣意的な政策形成と、異を唱える官僚の排除によって、能動的な政策形成の芽が摘まれ続けた。
安倍政権7年8カ月で内政の司令塔にふさわしい人材が育たなかった。新型コロナ衝撃に対して、政府がなすすべもなく、時間を浪費するのは当然である(記事)


「IOCが2年先まで延長を提案したにもかかわらず、1年の延長を主張したのは、安倍首相その人であった。」てソースどこかにあったっけ
①政治主導ゆえ、政策で失敗すればその責任を政治が担う
②挽回しようとさらに政治主導を強めた結果、失敗がますます続き、政権の劣化がとめどもなく進む
文中より

「橋本も小泉も、官僚がなぜ「政策に反対する」のかを理解できる経験と知力・胆力があった。菅首相の発言は、官の反対の意味が分からないという能力不足を示しているに過ぎないのである」

残念ながら納得せざるを得ないなあ
IOCの強硬姿勢を可能にした元凶は?

「IOCが2年先まで延長を提案したにもかかわらず、1年の延長を主張したのは、安倍首相」

収拾つかなくなって全部投げて逃げた人
牧原|論座
こうした惨状は、菅政権固有のものなのだろうか。そうではない。安倍晋三前政権が続いていたとして、今と異なる対応ができたいたかは疑わしい
安倍政権も新型コロナ対策ではちぐはぐな施策
”代わるべき野党がいないから、与党は安心というのは一見もっともであるが、誰の目にも与党の劣化が明らかになったとき、さすがに野党も政権奪取のための本腰を入れることになる。つまり、与党もダメであり、野党もまるで頼りないという時期が、一定期間続くのである”
つらい
転勤かな。

そろそろ首相を決めるのを国民投票に切り替える時期では? / (論座(RONZA))
「ワクチンで感染者を抑えれば、変異も自然に起こりにくくなる」と理解するのが正しい」「それよりも大事なことは、基本的な予防策をとって接触を抑制すれば、変異ウイルスだろうがそうでなかろうが関係なく防げる」…やることは変わらんのよね。
かなり乱暴なこと言ってんな。政治主導がダメだから官僚主導に戻せ、派閥均衡政治の自民党再びっていうのは、江戸に戻ろうと何が違うわけ?
>>1、政治主導の旗を降ろす、2、内政の司令塔をつくる、しかない。
傲慢も甚だしい
長い。けど、外野から見える現状と照らすと、大変納得感のある内容だった。「政治主導は諸刃の剣」ってなるほどなぁ。。。
>経済財政諮問会議と日本再生本部・産業競争力会議のふたつの司令塔を両輪として経済政策を推進した。そこに、今井尚哉・首相秘書官を介して小泉政権以上に経済産業省が入り込むことで、マクロ経済政策とミクロの産業技術のイノベーションが図られた

(´・ω・`)?
極論言えば、福田政権時の大連立構想が実現していればなぁ~なのかなぁ。
納得するしかない学者らしい正論。しかし一平民としては無能安倍晋三による破壊的失政に対しては激しく感情的な怒りが先立つ。過去の橋本小泉も遥かにマシだとしても有能だったと言えるのか。

- 牧原出
まぁ~お粗末やよね。ポンコツ政権はこの秋限りか?
これはキツイな…一番マシな方向に行けたとしてもしばらく政治が機能不全な状況と付き合わざるを得ないように思えた。
牧原氏は「司令塔の不在」を問題視しているけど、コロナ対策では「専門家会議」に始まる「司令塔」があったのでは? 尾身、押谷などの「専門家」や、厚労省の官僚が最初から「ウィズコロナ」だったから失敗したのでは? コロナ対策の現実を踏まえた論評とは思えない。
牧原先生の分析は全くその通りだが、結論は疑問。「政治主導の旗を降ろす」と「内政の司令塔をつくる」のギャップを「官僚を育てる」で克服するのは無理。むしろ米国式の官僚の政治任命こそ必要ではないか。米国の「ワープスピード作戦」とかの仕組みをよく勉強すべき。
「民主党政権以来の政治主導をやめて官僚主導へと舵を切り、そのうえで、官僚による内政の司令塔を時間をかけてつくるべきである。民主党政権から継承した政治主導を捨て、内政分野の官僚が“オール・ジャパン”のために存分に政策を形成するようとりはからうことが必要である」
法律を改正してアメリカと同じ大統領制にする、国民が選挙でリーダーを決める、各政治家も切磋琢磨する。金がらみがなくなる。
結局、今のシステムはヴァカがトップに立つと成り立たないシステムだけど、ヴァカがトップに立ってるってことなんだな。~
新型コロナ対策のちぐはぐさは「政治主導がもたらす政治の劣化」と「内政の司令塔不在」に起因しているという指摘。
「このままだと、あるとき政権が、たとえば新型コロナで大失敗をして選挙で大敗し、準備のない野党が政権を担う事態が起こらないとは限らない。」
牧原出先生です。/
平成の統治機構改革は外交・経済政策で首相のリーダーシップを強めたが、コロナのような内政の非常事態に際して指導力を発揮する仕組みにはなっていない。
科学軽視の末路に政治主導の破綻
確かに、官僚を信用しすぎという感想しか出ない。
私としては必ずしも全て同意するものではないが、参考として。
著者は野党に政権取らせるのは無理だとの論評。与党は自浄能力が欠如してる限り、政権交代しかない。
もう2度と自民党に政治は任せられない。
益々日本がダメになる❗️
早く政権交代させよう❗️
今度は必ず選挙に行こう❗️
無関心が一番の問題です
次の選挙は野党共闘で政権交代してこの国に立憲主義民主主義を取り戻そう
「橋本、小泉といった群を抜く能力を持った総裁」という論者。”能力”とは?評価の軸がよく分からない。「昔はよかった。昔に戻る。」という類いなら、処方箋は”立派”でも、やぶ医者です。流れに呑まれて雲散霧消するのがいつものこと。
興味を引く部分も少なくないが、民主的統制という点では少々異論もある。果たして幹部人事を各省に委ねて、政治からの統制が効くのか危惧が残る。
私の勉強不足で理解出来ない点も多々有るが、今風に言うと「自民党の中の人の視点」だと感じた。

自分には無い視点なので新鮮だった。
ほんと!昨年にオリンピックを2年延期して、夏の日本、冬の中国と、東アジアオリンピック!ってやれば良かったのに…って、今も思う。
またか?
飽きずに良くやるな‼️
マイケル・サンデルが民主主義を機能不全にすると指摘したテクノクラートの専制を行えという記事だな。
それの帰結はトランプだったんだけど。
核心を突いている!
それはそれでおかしくないか。結局、日本には「政治」は存在しないということか。

>政権はまず、民主党政権以来の政治主導をやめて官僚主導へと舵を切り、そのうえで、官僚による内政の司令塔を時間をかけてつくるべきである。
「政治主導がもたらす政治の劣化」とは、①政治主導ゆえ、政策で失敗すればその責任を政治が担う②挽回しようとさらに政治主導を強めた結果、失敗がますます続き、政権の劣化がとめどもなく進む、→
自民党はブロックの下のワラジムシよりも働かず、シロアリのように日本を食い物にしている。駆除が必要だ。
政治劣化は明白。

コロナ政策迷走は国民を犠牲にしただけ。

今さらのコロナ政策批判はメディア自らの罪を棚上げにしている!

政治だけでなくマスコミこそ反省せよ!
"橋本も小泉も、官僚がなぜ「政策に反対する」のかを理解できる経験と知力・胆力があった。菅首相の発言は、官の反対の意味が分からないという能力不足を示しているに過ぎないのである。"
もっと見る (残り約29件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR