TOP > 政治・経済 > 熊谷俊人・新千葉県知事の100万票差の圧勝から立憲民主党が学ぶべきこと - 曽我豪|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

熊谷俊人・新千葉県知事の100万票差の圧勝から立憲民主党が学ぶべきこと - 曽我豪|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

23コメント 2021-03-30 05:08  論座

 それにしても、100万票差には驚いた。 3月21日に投開票された千葉県知事選である。千葉市長から転じ、「県民党」を標榜した熊谷俊人氏が、自民党が推薦し森田健作前知事の県政を継承すると訴えた関政幸氏ら

ツイッターのコメント(23)

批判だけならネコでもできる。ま、そういうことです。
「野党の政党支持率が低迷したままなのは、政権公約や政権担当能力を磨くことよりも菅政権への対決姿勢を際立たせることに集中する今のやり方では、有権者を振り向かせることができない現実を示している」
いつのまにか熊谷さん知事になってたのか。
+

反対でアピールするのではなく、政策だして勝負せよ、と。結党当時の民主党ってそうだったけど、いつの間にか昔の社会党みたいな「なんでも反対野党」に。
無料部分しか読んでないけど確かに多少立憲支持層を捨てる代わりに無党派層や与党支持層を切り崩せる候補出すべきというのは分かる
たしかに「肯定的命題」は重要だ。立民は「ゼロコロナ」を主張するが、たとえば感染者が激増している仙台市(市長は元民主党・郡氏)にテコ入れして実績を見せれるべき。その行動力、発想転換がない
『敵を叩いて自己の正当化する「否定的命題」か、自己の政策で信を問う「肯定的命題」か』ここにも敏感になるべきやろね。ケースバイケースでの対応が必要か。
おっしゃることはごもっともと思うものの細川政権成立時に朝日新聞はかなり喜んでたし分断を煽ってなかったわけじゃないですよね?
朝日の論説委員って政治学の勉強しなくてもなれるの?
政治活動するだけ税金の無駄遣いなので引退してください。
びっくりした朝日新聞だったのか、このマトモな記事
でも肝心の国政野党連合は今持って学ぶ気がない
頑張っていただきたいところ|
まずマスクを外しましょう。
今の日本でそれができる政治家は、熊谷氏しかいない。
立憲民主党をはじめとする野党の政党支持率が低迷したままなのは、政権公約や政権担当能力を磨くことよりも菅政権への対決姿勢を際立たせることに集中する今のやり方。

それもあるけど、具体的には違うよ。
役立たずな者達が中枢に居るからだよ。旧民主党の人がね。
まともな有権者は政局になど関心は無く、純粋に誰がリーダーとして相応しい政策立案とその遂行能力を有しているかを見ている。批判や敵対だけの候補者や古いパラダイムに囚われたままの報道こそ、有益な選択肢を奪い選挙離れを生む真の原因。熊谷さんには都政も見て欲しいわ。
「地道な政策の立案と遂行より、ただ風を吹かせたいだけの政局優先の流儀は、もはや有権者の喝采でなく離反を生むものと化していたのだ」

ほんとこれ。
>敵を叩いて自己の正当性を示そうとする否定的命題でなく、自己の実績や政策により信を問う肯定的命題が勝因とすれば、その変化こそ注目されるべき

当然の事だが、朝日系メディアでも言われるようになったか。。

熊谷俊人・新千葉県知事の圧勝から立憲民主党が学ぶべきこと
朝日新聞系にしてはびっくりするくらい正論。
宮迫かと思った
敵味方分断や与野党のdisりあいを避けた方が圧勝で当選するのは、日本の政治選挙の希望だと思いました。
今の枝野では、立憲はダメ‼️

野田の二の舞になるだけ‼️
引用)野党の政党支持率が低迷したままなのは、政権公約や政権担当能力を磨くことよりも菅政権への対決姿勢を際立たせることに集中する今のやり方では、有権者を振り向かせることができない現実を示している。熊谷氏の百万票差の圧勝から教訓…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR