ヘイトクライムの深い傷、放火されたウトロ地区を歩く - 中沢けい|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

26コメント 2022-01-15 12:18 論座

 在日コリアンの関連施設を攻撃する「ヘイトクライム(憎悪犯罪)」とみられる事件が相次いでいる。その中の一つ、放火事件が起きた京都府宇治市のウトロ地区を小説家の中沢けいさんが歩いた。憎悪をあおる不穏な雰

ツイッターのコメント(26)

犯人の身元や動機も分らないのに
中沢は日本人によるヘイトと決め付ける
これ日本人へのヘイトだよね

在日による日本人への暴力ヘイトは酷いのに
日本人の被害は無視

歴史捏造し約束を破る韓国が悪い
日本を侮辱し
在日の悪行を擁護する朝日と左翼が一番悪い
日本から出てけ
中沢けいさん(小説家、法政大学教授)による記事です。

[論座]
在日コリアンの暮らす京都府宇治市、平和祈念館の資料も焼失


「なにげない雑談のおりに世間で取りざたされている重要事件を持ち出し、「メディアでは…
在日コリアンの暮らす京都府宇治市、平和祈念館の資料も焼失 …放火であることが分かったのは、火災発生からおよそ3ヵ月後のことだ。12月6日、22歳の男性が逮捕された。 この男性はウトロ放火事件以前に、7月、名古屋の…
表で活動してる人は良く言えばまだマシな精神状態だろう、変に孤独に病的な人との相乗効果が出ると酷い結果になるだろうし何かやったから解決するかと言われるとしないだろうし。
「社会はヘイトクライムとどう向き合えばいいのか」「京都ウトロ地区の放火で顕在化したヘイトクライムや相次ぐ記憶遺産への攻撃」のゲスト、中沢さんの記事。
言論の自由は大切だが
明らかに故意に
憎悪を掻き立てる
求めた方が良いのではないか??

犯罪行為を引き出す事は未必の故意で同罪では??
〈ネットの中で横行していた排外主義が日常的な囁きとして広くリアルな空間に滲み出していることを経験するたびに「嫌な感じ」が胸の中に広がる。〉
真摯な気持ちで参考にしたい。
歴史的に形成された差別構造を利用し憎悪を煽る言動を繰り返すヘイトスピーチ、同じ構造から生まれてくる犯罪をヘイトクライムと言う。日本の闇
3)中沢けい法政大教授〈歴史的に形成された差別構造を利用し憎悪を煽る言動をヘイトスピーチ、犯罪をヘイトクライムと言う。(これらは)許されないものだという共通認識を〉/
 
PR
PR