[57]「NPOの方が良質の支援ができる」の落とし穴~生活保護ケースワーク外部委託問題から考える - 稲葉剛|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

33コメント 2021-09-28 11:49 論座

 一人の高齢者が自らの受けた不当な扱いに声をあげたことがきっかけとなり、自治体が長年、続けてきた違法性の高い事業の問題点が明るみに出た。それは、今まさに国が検討を進めている制度変更の議論にも影響を与え

ツイッターのコメント(33)

「民にできることは民に」どころか「民がやってはいけないことも民が」の現状。民間委託で得をするのは委託先企業だけ。民間委託を禁止し公務員を増員し全員正規化すべき。財源は足りないでなくつくる方策を探るべき。どこから取りどこに分配するか根本的に再考すべき問題。
このお仕事に携わる方々の職能レベルと職責に関する意識の高さが問われますね
#PSWへの遠い道
「生活保護の民間委託が進めば、水際作戦のような事案が生じたときに、生活保護担当課が、「遺憾だ」「きちんと指導する」と他人行儀に民間団体へ責任押し付けてくるのが目に浮かびます。」
自治体のひとり親支援も自立支援事業は有るのに使えないのばかり。遠いし。時間ないし。
それでひとり親臨時給付金は仲間外れ。失礼だ
東京都中野区が「高齢者居宅介護支援事業」の委託先NPOスタッフに生活保護業務をさせていた。現在は違法だが今後合法化される可能性。
ここで桜井先生によって指摘されていることは困窮外国人に対して起きていることと同じだと感じています。
①今、国から外国人支援団体に外国人のための給付金が出ています。けっこうな金額です。たしかに、それで助かる仮放免者などの外国人が沢山います。
その一方で、 続
公的機関へ繋ぐ中間支援やメディアとしての特性を持つNPOとして活動しています。日常的に公的機関との連携をしているからこそ考える。

「NPOの方が良質の支援ができる」の落とし穴~生活保護ケースワーク外部委託問題から考える -
とても興味深い内容でした
NPOが役所の下請になったら、絶対に社会変革できない。民間の方が専門性高い、ところもあるだろう。でも制度の維持しかできないのだ。社会福祉法人だってそうだ。
 
PR
PR