旭川の女子中学生のいのちから、私たちが学ぶべきこと(下) - 田中駿介|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

7コメント 2021-09-20 17:57 論座

旭川の女子中学生のいのちから、私たちが学ぶべきこと(上) 「いじめについてどう思いますか?」 アンケートが配布されたのは、筆者が高校生のときだった。ある友人は「よくわからない」と回答したそうだ。なぜな

ツイッターのコメント(7)

「いじめを絶対に許さない」というお題目を過度に強調すれば、「いじめを許していないのだから、起きるはずはない」という幻想を招き、結果的にいじめの存在を見逃したり、仮に発覚してもそれを隠したりしようという意識がはたらきかねない。(下) - 田中駿介|
旭川中学生のいのち、私たちが学ぶべきこと|論座
平成29年「イジメ防止法改正」で各学校教育委員会にガイドライン
「まず訴え被害者に寄り添うことから」が全国的に全く守られてない
とにかく関係者は嫌悪衝動から無い証拠探し、警察補導も第三者委員会聴取しない下衆
そういえば旭川市の西川市長はこれについて説明したのかな🤔🙄 - 田中駿介|論座 - 朝日新聞社の言論サイト
「旭川の女子中学生のいのちから、私たちが学ぶべきこと(下)」と題する記事を『論座』に寄稿させていただきました。
どうすれば、いじめを根絶させることができるのかーー3つの「提言」をしました。ぜひ、お読みください。よろしくお願いします。
一人ひとりにあった学び方を認める

 「学校は命を懸けてまで行くべき場所ではない」
いじめを完全に表面化する制度が必要で、解決するには親を含めた教育しかないのではないか。

- 田中駿介|論座 - 朝日新聞社の言論サイト
以上

関連するニュース

 
PR
PR