TOP > 政治・経済 > デジタル教科書への転換による学力低下リスク - 大森不二雄|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

デジタル教科書への転換による学力低下リスク - 大森不二雄|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

11コメント 2021-04-14 08:39  論座

 政府は2024年度からデジタル教科書を本格導入する方針であり、2021年3月に公表された文部科学省の検討会議による中間まとめ(文部科学省 2021)は、紙の教科書を全てデジタル教科書に置き換える案、

ツイッターのコメント(11)

おはようございます😊

電子書籍ってどうも頭に入ってこない実感あったけど、実際、デジタル媒体より紙媒体で読んだ方が内容の理解度が高いという研究結果がたくさん出てるみたい。

読書はやっばり紙だよね!
僕は電子書籍が苦手。画面で文字を読むのが嫌い。読んだ気がしないから。本、特に活字情報はやはり紙に限る。
「『読む』という行為については、同様にエビデンスに基づき、紙という最適のメディアを主とすべきで、わざわざデジタルに置き換える愚を犯すべきでないことを主張するものである」

あぁ沁み入る😍
「紙という最適のメディア」
エビデンスは今までずっと紙だけだから揃っているのは当たり前で、デジタルせめて一年使ってから比べたらいいのに、どんなものかよく知りもしないから前を見ず過去から進めない。先生方も採点や評価や印刷配布業務楽になるんよ。推進派の先生や救われる子どもたちが可哀想です
紙とデジタル、どっちも使えたらそれでよくね?
紙か、デジタルかの二項対立では確かにいけない。デジタルをうまく活用できるかは、教える側にかかっている。
読解における紙の優位性を示す科学的根拠に目を向けよ (大森不二雄) 【論座】
【なぜどちらかのみの論争になるのか?両方の長所を活かそう】デジタル教科書への転換による学力低下リスク- 「読解におけるデジタルに対する紙の優位性」があるならその学習ではプリントアウトを使うという方法もあるだろう。もっと柔軟に考えてはどうか?
〈教育のペーパーレス化といった軽いノリで無謀な政策に踏み出せば、日本の子供達を学力低下のリスクにさらしかねない〉

への転換による学力低下リスク -
「学習において死活的に重要な「読む」という行為については、エビデンスに基づき、紙という最適のメディアを主とすべきで、わざわざデジタルに置き換える愚を犯すべきでない」→
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR