TOP > 政治・経済 > ただの校歌の歌詞に対して「政治的主張」という幻覚を見てしまった人たち - 赤木智弘|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

ただの校歌の歌詞に対して「政治的主張」という幻覚を見てしまった人たち - 赤木智弘|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

21コメント 2021-04-07 11:20  論座

 3月29日の産経新聞のコラム「産経抄」にかなり残念な内容のコラムが掲載されていた。 コラムは次のような内容である。知人から電話があり「いやぁ、本当に良かった」と言われた。何が良かったのかと言えば「高

ツイッターのコメント(21)

恨国人だけが入校するのなら個人的には文句は言わない
日本人が何故、こんな学校に入りたがるのかが、わからない‼️
反日の学校が甲子園に出たがるのも分からない‼️
ここまで議論になるなら高校野球大会も廃止せよ!
産経新聞、公共の全国紙としての資格が無い。差別の垂れ流しを堂々行い過ぎ。
なんかもぉね。本当に残念な考え方を「当然」と考える方々がおいでであることに悲しく思います。なんであれ難癖を付けたい人達には何を言っても響かないのでしょうけれども…。

「ただの校歌の歌詞に対して「政治的主張」という幻覚を見てしまった人たち」
確かに朝鮮人のリテラシーレベルに降りるのは文明人として確かに問題だけど、ストレス解消には馬鹿になる必要が有るし、日本人でそんな学校に子息を通わせる日本人がいる事が不思議です
老害かどうかは知らんが、政治とごっちゃに考えるやつは死んでくれ
政治を持ち込むなと言う人が最も政治的といういつものだった。ならば尚更思いを強くするのだけど、国旗・国歌法による明文化は本当に野暮の極みだったね。
なんでもかんでも批判すればいいわけじゃないし、差別発言は許されないわ。
こんな事を文字にしてるのも気持ち悪いけどな。
もう少し高校生の立場に寄り添った発言は出来ないものか。校歌の歌詞を政治的主張と批判する場の空気が読めない残念な大人が存在する世の中。ますます生きづらい世の中になったものだ
「日本には極めて政治的で、歌うことや起立して聴くことを強制される曲があるじゃないか。彼らは学校の校歌を、その曲と同じような意味合いの存在として理解してしまっているのである」
2021年04月07日


「『高校野球に政治を持ち込むな!』と批判されるべきは、ただの校歌を政治的意図を持って批判した人たちである」
学校を「国民に対する思想教育を行う場」としか見ていないトンデモぶり (赤木智弘) 【論座】
そんなショボイ新聞だからフジテレビの支援がなければ立ち行かないぐらい、情けない経営状態なわけで。
安定のパヨク、安定の反日、安定のアカヒ
学校を「国民に対する思想教育を行う場」としか見ていないトンデモぶり
そもそもただの校歌と言う点から論点ずれていませんか。
ただの校歌に東海と言う日本と相容れない歌詞があることが政治的であることに気づかないのですか
思った通り、国家ネタへの牽強付会、お疲れさん。
この言葉を、国歌に非常に愛着と誇りを持っているアメリカ人やロシア人に納得させてきて欲しいですわ…

>しかし歌を歌うことと国を愛することの間にはまったく関係がない。
(略)
>国歌はしょせんは「ただの歌」であり、歌いたいときに歌い、そうでないときに歌うものではない
〈学校を「国民に対する思想教育を行う場」として見ている〉
〈韓国人の学校は韓国政府の意図通りに運営されている〉
──と思い込む彼らこそ、学舎を政治利用しようとしている。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR