TOP > 政治・経済 > 「オフレコ懇談会」を問い直す~菅首相と官邸記者の「パンケーキ朝食会」を機に - 高田昌幸|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

「オフレコ懇談会」を問い直す~菅首相と官邸記者の「パンケーキ朝食会」を機に - 高田昌幸|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

26コメント 2020-10-11 21:58  論座

 依然として「権力とメディア」の関係が問われ続けている。菅義偉政権の誕生後も、それは変わっていない。首相と番記者による「オフレコ懇談」は、その象徴だ。すでにあちこちで論評されているが、実際にはどんなこ

ツイッターのコメント(26)

論座★
記者クラブを廃止するところからでしょうね。
新聞は企業の談合などを告発することは得意だが、自分たちも記者クラブ制度に安住し、談合してるようなもの。だから権力に取り込まれちゃう。
日本のマスコミの現状は、世界に全く通用しない悪質なものなのだから、各国から非難されて然るべきだし、日本のマスコミ関係者は従来の既得権益に胡坐をかき続けるのではなく、批判や意見を真摯に受け止め、ジャーナリズムの原点に立ち返り、殻を破って生まれ変われ!
朝日新聞と東京新聞、京都新聞の3社は欠席した。3社は、それぞれ紙面記事やHPで不参加の事実と理由を説明している。「毎日」は出席したのか? 失望?
「記事そのものと同等に、取材のプロセスやメディアの立ち位置がこれまでになく厳しく問われる時代・・・新聞・通信・テレビのマスコミ各社は、企業内でも業界横断的にも真剣な議論を」と。
菅義偉と犬記者のパンケーキ朝食会の会場は「Eggs ’n Things(エッグスンシングス)」

代表は、堀江貴文らの支援で「みんなの党」から参院議員となり、タリーズコーヒージャパン創業者でもある松田公太。

エッグスンシングスもタリーズもイメージ悪化、今後は利用しない。
何やっても姑息にしか感じなくて嫌いだなぁ。オフレコ懇親会がオフレコになってないのも手管めいてるし胡散くさ。人柄ねぇ。
京都新聞、いいね👍
『国会も開こうとせず、国民に対して所信表明すらない。ゆえに、見聞したことを記事にしない「完全オフレコ」が条件の飲食付き懇談会には参加できない。』

- 高田昌幸
止めるべきに決まってる。首相がなぜ、「オフレコ」でメディアとの「懇親」を求めるのか? 利益があるからであり、一つのコントロールの形態であって、「生の声に接する」とか何とか言って...
政治家と記者が懇談会をする必要性がいまいちよくわかりません。
内閣記者会(官邸記者クラブ)は、クラブ外の雑誌社等からの「懇談が開かれるかどうか」の問い合わせについてすら「お答えできない」と返答したと。内閣記者会、取材機会の折衝もできずロクな質問もできない超無能なうえに、病的なまでに閉鎖的。どうしようもない。
もっとも、完全なオフレコ懇談であるといっても、驚愕するような発言が出る可能性はほとんどないだろう。十数人、場合によっては20人以上もの記者が参加する形態。
そんな場所で、極めて重要な事実は明かされないし、どちらからかと言えば、文字とおりの懇談、懇親会である。
オフレコ懇談会の存在意義なんて報道管制しかないだろうに。

オフレコ懇談会で話した内容を別の記者が突き止めたとしても、オフレコ破りとみなして制裁を加える程度のことするだろうし。

何でみんな参加したがるんだろ?
【今やらないとズブズブのまま続く】「オフレコ懇談会」を問い直す~菅首相と官邸記者の「パンケーキ朝食会」を機に-論座 「首相と番記者による「オフレコ懇談」・朝日・東京・京都・欠席・価値あるオフレコ取材があるとすれば、それは1対1・オフレコ懇談自体をやめるべき」
優等生ばかりの記者では先生に盾突くなんてしたことないから言いなりなんでしょ😒政治部じゃ無理じゃね?
『だが今は、記事そのものと同等に、取材のプロセスやメディアの立ち位置がこれまでになく厳しく問われる時代だ。』
『企業内でも業界横断的にも真剣な議論を続けたほうがいいと筆者は考えている。その姿勢を国民はじっと見ている。』
※これに毎日も欠席したと信じている人たちがいるようだけど、欠席は【朝日新聞・東京新聞・京都新聞】の三社です。
かつて北海道警察と激しいバトルをした高田昌幸記者が、オフレコ取材の何が問題なのか列記する。これは読んだ方がいい。
「政治家らはオフレコ懇談の開催を会見回避に使っているのではないか。
くそ総理とくそメディア
ポルポトパンケーキ倶楽部と呼ばれとるぞ。権力は腐敗するが記者まで腐敗してどーすんだ?
- 朝日新聞社の言論サ
まずは朝日関係からやって下さい。
- 元北海道新聞記者で大学の先生、高田昌幸氏が投稿|論座 - 朝日新聞社の言論サイト
内閣記者会の「オフレコ懇談会」が取材手法として許される大前提は政治報道への信頼だ。首相と政治記者の癒着が次々指摘され、出来レースの記者会見が連続し、政治報道不信が高まる今、オフレコ懇は一旦廃止し記者クラブの閉鎖性を根本的に改革しないと信頼回復は不可能だ。
菅義偉首相(菅氏だけではないが)をめぐるオフレコ懇談とは、いったいどんなプロセスふぇ開かれたるのか。そもそもオフレコ懇談とは何か、オフレコを破ったらどうなるのか。あれこれ書きました。
@morningshow_tv メディアはボイコットすべきだったのにしっぽを振って参加したメディアは御用記者クラブです‼️
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR