つきまとう入管収容の恐怖 “東京クルド”の絶望を撮る - 日向史有|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

8コメント 2021-11-24 11:44 論座

 今年の7月、私が初めて制作したドキュメンタリー映画「東京クルド」が公開された。この映画の主人公は、作品タイトルにある通り、日本に住む「クルド人」である。現在日本には、約2千人のクルド人が暮らしており

ツイッターのコメント(8)

米国に申請を認めるなと言われているのだろう。

クルド人はイスラエル(ユダ)の天敵。

関東、東北地方では一番近い親戚の国。

クルドはメディア国の後裔、アラム国の子孫
日本に来なければ良いだけですがね。わざわざ中東から遠い日本に来て難民申請とは全く理解できません。正直に言えば賢い民族とは思えません。韓国か、北朝鮮に行って下さいませ!
法を犯しといて何寝言ほざきやがる。
平然と法を犯す奴等がのさばる方が余程恐怖だわ!
そんなに言うんなら、他の国と同じ扱いにしてやれば良い。
日向史有さん

現在日本には、約2千人のクルド人が暮らしており、その多くは母国(主としてトルコ)での弾圧や迫害といった危機的状況から逃れて日本にやってきた人々だ。→
入管収容の恐怖?
あほか。
東京都渋谷区のトルコ大使館周辺で乱闘事件を起こしたお前らのほうが怖いわ。
ってことです。帰ってください。つか、来ないで。
そもそも不法滞在や犯罪を犯さなければ入管に監修されることも無い。
すべて犯罪を犯した奴の言い訳なのである。
以上
 
PR
PR