初音ミク、「奇跡」を生むネットワークの要~奇跡の3カ月(16) - 丹治吉順|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

11コメント 2021-10-02 10:00 論座

初音ミク、はるかなるN次創作の系譜~奇跡の3カ月(15)から続く〈お詫びとおことわり〉この連載を始めるにあたり、「掲載を4~5週続け、1~2週の休載を入れる」と予告していました。申し訳ないことに、これ

ツイッターのコメント(11)

今回はニコニコ動画のタグ機能の話。
十数年前の話なので曖昧だけど、何か自分がボカロを実際に聞いたのって、らき☆すたカバーからのタグだったような気がする。
ニコ動のタグとリンク機能で生まれたあれこれは実に素晴らしいものでした。七葉モデルのミク懐かしい
ニコニコ動画のタグ機能が活用された話だ reading
奇跡の3カ月、ニコ動のタグ機能の極めて大きな役割について言及されているのですが、自分の見解を言いたい。
タグ機能を実装した運営も先見の明があって偉大なのだけど、そのタグ機能をノリノリで`見境なく`付けていったユーザーも、それこそ奇跡の一翼だったと思うのです。
第16回は、巨大なネットワークを生んだリンク構造と絡めつつ。…ミクさんという「ハブ」はいくつもあった。それをつなぐスポークが強化された時、そこにビッグバンが起きた、と。 / - 丹治吉順(web論座)
この連載読んでると、ミクさんの疑似生命っぽい広がりが思い出されて楽しい。しばらく休載とのことなので復帰を待ちますかね。:
朝日新聞サイトの初音ミク連載、ミク発売直後3ヶ月の話だったはずが、人類史上の創作文化やネットワーク理論に発展し、ついに連載中断、追加取材のうえ仕切直しになったの凄くないですか?
時の流れの中に埋もれることなく初音ミク文化が文学史の中の源氏物語のように1000年を超える ネットワークを構築し続けることができるのか、音楽史の古典となるまで生き残れるのか。未来、クラシックとして演奏され、この連載が学術資料として使われると想像すると楽しいね。
N次創作の流れの真っ只中で楽しませてもらった記憶が鮮やかに蘇る15・16回。tapさんやMiliaさんをはじめ馴染み深い名前もいっぱい出てきて嬉しいヽ(´ー`)ノ
初音ミクの文化形成、その黎明期を追う連載、最新第16回が配信されました。

数カ月で爆発的に広がった連鎖的な創作、それを支えたものは何だったかを考えます。

なぜYouTubeではなくニコニコ動画だったか。
以上
 
PR
PR