緊急事態宣言、演劇界は東京都の「怠慢」に振り回された - 伊藤達哉|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

209コメント 2021-04-30 09:23 論座

 コロナ禍で舞台芸術界は1年以上、激しい「出血」を強いられてきた。当時の安倍首相が突然、「大規模イベントの中止・延期」を要請した2020年2月26日以降、膨大な数の公演が中止・延期を余儀なくされ、19

ツイッターのコメント(209)

どの業界も振り回されっぱなしですね。
小池都知事の政策に異議申し立てする都民がようやく出てきました(今までは呆れるくらいの安倍忖度なイエスマン)。朝日新聞が緊急事態舞台芸術ネットワークに取材しました。
読んでて泣きそうになった
舞台でのクラスターは起こってないのにいつも標的にされる
もう何も悪くないのに謝り続ける運営と出演者の姿見たくない
流石に無くならないっしょ?
別に大丈夫っしょ。

今回は違うかもです。
無くなってからじゃ取り返しつかないですよ。

これ以上周りの暗い顔と謝り続けている姿を見たくないです。
皆さんもっと東京都と小池都知事を批判して良し→
「ほんとまじいい加減にしろよ」って想いをこんなに落ち着いて論理的に大人な文章で書き表してるのすごい。
舞台関係者はうなずくしかない記事。
都知事のリコールってどうやるんだけっけ???
本来なら今まさに国際フォーラム最前列で観てるはずでした⤵️
去年コロナ渦も30本強舞台ライヴ映画館訪れましたがどの劇場もソーシャルディスタンス守られ
私は開演前休憩中終演後のうがい手洗い徹底しました🍀

🔵緊急事態宣言演劇界都の「怠慢」に振り回された
電話をかけても、かけても、呼び出し音が鳴るだけ。

 4月24日、東京で演劇公演を主催している人たちは、朝から東京都と連絡をとるために、空しい努力を続けていました。
コロナ禍で舞台芸術界は1年以上、激しい「出血」を強いられてきた。当時の安倍首相が突然、「大規模イベントの中止・延期」要請、膨大な公演が中止・延期を余儀なくされた。
 
PR
PR