TOP > 政治・経済 > ついに「日本学術会議」に人事介入 菅首相が進める言論統制 - 木代泰之|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

ついに「日本学術会議」に人事介入 菅首相が進める言論統制 - 木代泰之|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

17コメント 2020-10-02 17:50  論座

 10月1日、驚きのニュースが飛び込んできた。日本学術会議が推薦した新会員候補105人のうち6人が、菅首相によって拒否されたのだ。 共謀罪など政府の法案に国会で異論を述べた松宮孝明・立命館法科大学院教

ツイッターのコメント(17)

“日本はいつから、政権にとって不都合な人間は許さないという度量の狭い社会になったのだろう。これでは香港人を痛めつける中国政府を批判することもできない”
ここでも何度も言ってきたけど、早速始まった。規制改革や行政改革って口にするのは簡単だけど、いざやるとなれば、業界団体や官僚の強い抵抗勢力が黙っちゃいない。霞ヶ関の組織内の人事の外側である、学術会議という独立組織の人事に権限のある総理が手を付けた途端これ。
《日本はいつから、政権にとって不都合な人間は許さないという度量の狭い社会になったのだろう。これでは香港人を痛めつける中国政府を批判することもできない。》
まーた始まった
はいはい
『日本はいつから政権にとって不都合な人間は許さないという社会になったのか。これでは香港人を痛めつける中国政府を批判することも出来ない。《中略》国民が自ら国民の首を絞める空気が強まっている』
同感!
- 木代泰之

戦前、政府が「危険思想」と判断した学問や思想を弾圧する事件が多発。その反省を踏まえ、1947年に施行された憲法には「学問の自由」が、48年施行の日本学術会議法には「独立性」が明記されたのである
>日本は香港/中国と同じ穴のムジナだ
>今回の拒否は、防衛省との軍学共同研究を拒む会議への、特に菅個人の報復
とうとう、独裁が始まった
汚い言葉は使いたくないけれど、現行政府は、菅首相は、救いようのない人間の屑です。政権党をかくまで醜悪なものにしてしまったのは、国民自身なのですけれど……。
戦前、政府が「危険思想」と判断した学問や思想を弾圧する事件が多発。その反省を踏まえ、憲法に「学問の自由」、日本学術会議法に「独立性」が明記された

戦前に戻すな❗️
言論統制はマスメディアの方が醜いんじゃない⁉️
言論統制?
99人の任命された方々は政府のイヌだとでもおっしゃりたいの?
「人事」といってる時点でアホ→
新会長の弱腰を見れば、もはや菅の目論見は貫徹されてしまっていると言わざるをえない。
独裁の始まり。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR