TOP > スポーツ > 中学ではフットサル日本一、Jから見向きもされなかった大学時代…泣き虫少年だった古橋亨梧がJ屈指のアタッカーになるまで | ゲキサカ

中学ではフットサル日本一、Jから見向きもされなかった大学時代…泣き虫少年だった古橋亨梧がJ屈指のアタッカーになるまで | ゲキサカ

3コメント 2021-02-25 12:30  ゲキサカ

「話すのが苦手と聞いたけど、そんな印象はないんだけど」と話しかけると、画面越しの古橋亨梧は少し申し訳なさそうにはにかんだ。「しゃべるにはしゃべれるんですけど、上手く伝えるのが得意ではないというか……....

ツイッターのコメント(3)

とても詳細なストーリーで、いい記事だと思います…。
が、ですが、

「意外なところで「古橋匡梧」(※)の名前をみつけることができる。~中略~第15回全日本ユース(U-15)フットサル大会。」

"意外なところ"なんだろうな。
サッカー側から見たフットサルは。まだ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR