TOP > スポーツ > 【GK's Voice 4】待ち続けた出場機会…千葉・新井章太「腐ったらプロの意味がない」 | ゲキサカ

【GK's Voice 4】待ち続けた出場機会…千葉・新井章太「腐ったらプロの意味がない」 | ゲキサカ

12コメント 2020-09-09 13:33  ゲキサカ

GKヒューマンドラマ『蒼のアインツ』第1話を読む↑ 試合に一人しか出場できない。そしてピッチ上でただ一人、手でボールを扱うことが許されたポジション。それがGKだ。“孤独なポジション”で戦う彼らはどのよ...

ツイッターのコメント(12)

私、この人のファンなんですよ(自慢)。
ショウタ今でも応援してるぞ
『――逆にGKだからこそ感じる辛い瞬間というのは?
「今季は特に辛さを感じることが多いです。」』

新井のこのインタビュー、知らんかった。育成年代に読んでほしい。良い内容。
「GKはなかなかレギュラーは変わらないかもしれないけど、絶対に自分が出るつもりで準備していた。」
――高いプロ意識を感じます。
「川崎にいたら、皆そうなると思う。当たり前のことを当たり前にやるし、それ以上のことを全員に求めているので。」
新井章太
絶対に見てくれている人はいるので、決してあきらめないでほしいと思う。それと、『今、自分には何が足りないか』『今、自分は何をするのが一番いいのか』を毎日考えながら過ごしてほしい。
シンプルにすごい。見習おう。
ボリュームもあるし、良いインタビュー記事だなぁ。川崎でシュートに必死に食らいつく練習を振り返るときも、やっぱり嘉人の名前は出ないけど😅
終わりを決めるのは自分から。

『今、自分には何が足りないか』『今、自分は何をするのが一番いいのか』を毎日考えながら過ごしてほしい。何も考えずに日々を過ごしてしまえば、周りとの差がついていくし、
素晴らしいインタビューだな。フロンターレへのリスペクトも感じるし、こういう選手がジェフに来てくれたことは本当に感謝しかない。
泣けるな。。
特殊なポジションだからこその葛藤。新井頑張れ!
これを読んだら移籍したのも無理はないとわかった
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR