TOP > スポーツ > キックオフ直前に陽性疑い判明…Jリーグが2度目の中止決断、緊急会見で鳥栖の発熱者や新たな検査法にも言及 | ゲキサカ

キックオフ直前に陽性疑い判明…Jリーグが2度目の中止決断、緊急会見で鳥栖の発熱者や新たな検査法にも言及 | ゲキサカ

13コメント 2020-08-02 19:41 | ゲキサカキャッシュ

 Jリーグは2日、キックオフ直前で中止が決まったJ2第9節のアビスパ福岡対大宮アルディージャ戦に関する緊急オンライン記者会見を開き、村井満チェアマンと両クラブ実行委員が出席した。同日にはJリーグが全選手......

ツイッターのコメント(13)

もういつ誰が陽性と言われてもおかしくない。むしろ自分が無症状感染者かもという予測を立てた上で、コロナと付き合いながら普段の生活や経済活動を行うようにしなければならない。Jリーグの定めたガイドラインや取り組みはとても良い見本だと思う。
>U-19日本代表合宿の際にJFA(日本サッカー協会)が採用していたSmartAmp法の導入だ。JFAの反町康治技術委員長によると「検体を取ってから1時間弱で陰性か陽性か分かる
「遠征メンバーの発熱が見られたサガン鳥栖の検体(中略)試合前の時点でJリーグ側は「陰性」の検査結果を受け取り、クラブ側にも伝達していた」

つまり健太の勘違い又は負けたエクスキューズ?

>緊急会見で鳥栖の発熱者や新たな検査法にも言及 |
「試合前の時点でJリーグ側は「陰性」の検査結果を受け取り、クラブ側にも伝達していたという。」FC東京さんのコメントを聞きたいもんだ。
陰性やったんかい、よかった
だとしたらなおさら長谷川監督の罪は重い
鳥栖をコロナ差別の対象に仕立てあげた
あら?Jリーグの発言と長谷川監督の言い分が違うんじゃない?これ、どういうことかな?
「FC東京の長谷川健太監督がオンライン会見で発言したことから判明した事案だが、試合前の時点でJリーグ側は「陰性」の検査結果を受け取り、クラブ側にも伝達していたという」 Jリーグが2度目の中止決断、緊急会見で鳥栖の発熱者や新たな検査法にも言及 |
今の所陰性て事なら何より。

こういうイレギュラーな状況における現時点で可能な対応の実践
そして今後の対策案を考えてる訳なんやな。
で、リーグ側からもクラブに伝達はされていた...と。
@mmm0401525
ある程度の説明が載っている記事がありました!
陰性…
とりあえず良かった。
あたふたする状況の中で、Jリーグとクラブは本当によく対応してると思う。
JFAが採用した、SmartAmp法。
ちょっと調べてみる📖
陰性だったのね
「試合前の時点でJリーグ側は「陰性」の検査結果を受け取り、クラブ側にも伝達していたという」
以上
 

いま話題のニュース

PR