TOP > スポーツ > 横浜FMに大敗のシドニーFC監督が“ハンデ”を嘆く…元豪州代表は「別の惑星のチーム」と横浜FM称賛 | ゲキサカ

横浜FMに大敗のシドニーFC監督が“ハンデ”を嘆く…元豪州代表は「別の惑星のチーム」と横浜FM称賛 | ゲキサカ

10コメント 2020-02-21 16:24 | ゲキサカキャッシュ

 シドニーFC(オーストラリア)のスティーブ・コリカ監督が0-4で敗れた横浜F・マリノス戦を振り返り、新型コロナウイルスや豪雨の影響で19日間も試合をできていなかったことを敗因に挙げた。オーストラリア『シド......

ツイッターのコメント(10)

ボスニッチって、ユナイテッドの正GK務めてた人物。その人物から「別の惑星のチーム」って、嬉しいね。
別惑星のチーム、マリノスすごいな笑
これがマリノスのサッカーだ。

「このチャンピオンズリーグが始まってから、私がアジアのチームで見たパフォーマンスの中でも最高のものの1つだったと思う。
「無慈悲」。
いいわぁw
リーグ王者同士の対戦の、サッカーで使われることのないような表現だ。
"シドニーでの戦いは雨の影響で、そして上海戦は言うまでもなくコロナウイルスの影響で延期していて、3週間もプレーしていなかったからね。そういう状況で"=
彼らは別の惑星のチームだった
とは、バレたな。
うちはサイヤ人とかナメック星人だからな。
あ、クリリンは地球人か!
同紙は横浜FMの戦いについて「速く、無慈悲で、アグレッシブでハイプレス。そして自信に満ちあふれている」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR