TOP > スポーツ > 痛恨の“真ん中”PK失敗…川崎F小林悠「あそこで動かないGKがいるとは」 | ゲキサカ

痛恨の“真ん中”PK失敗…川崎F小林悠「あそこで動かないGKがいるとは」 | ゲキサカ

11コメント 登録日時:2018-09-26 22:57 | ゲキサカキャッシュ

[9.26 J1第18節延期分 湘南0-0川崎F BMWス] 決めれば勝利が大きく近付くペナルティーキック。中央に蹴り込んだボールは相手GKに難なくキャッチされた。川崎フロンターレFW小林悠は試合後、「あそこで動かないGK......

ツイッターのコメント(11)

プロらしくない言い訳。キーパーって一応「蹴るまで動くな」が基本ですよ。→
やはり秋元の方が上手だった。
また名言が産まれてしまったw
昨日の秋元は神! —
神様。秋元様。
自分がPKを真ん中にばかり蹴ってきたのをみんな知らないと思ってたのかな?
みんな 真ん中に蹴りそう。と、思っていたよね。
reading…>

中央に蹴り込んだボールは相手GKに難なくキャッチされた。

ゲキサカ
わかる。ワイも絶対横っ飛びすると思ったもん。
敵を欺くには味方からってやつやね。
難なくキャッチされたって何を見てたのか。ものすごい誤報記事。小林悠さんは名誉毀損で訴えていいレベル。
序盤から秋元の読みと動き出しが鋭くPKの時最高潮に行ってた感じ🤔
以上

記事本文: 痛恨の“真ん中”PK失敗…川崎F小林悠「あそこで動かないGKがいるとは」 | ゲキサカ