TOP > 社会 > 来春の花粉、全国平均で今年の2倍近い予想 - ウェザーニュース

来春の花粉、全国平均で今年の2倍近い予想 - ウェザーニュース

2021年のスギ・ヒノキの花粉飛散量は、飛散量の少なかった2020年に比べると東北から九州ではほぼ全域で飛散量が増える予想で、飛散量が3倍近くになる地域もあります。 全国平均でも202...

ツイッターのコメント(26)

@ninjablack_sora 今秋はブタクサの花粉が多めに飛散しているそうです。
なお来年の春は、今年の2倍の花粉量と予想されているそうです。
勘弁してほしいですね…。
来年の花粉症はまさに拷問です(×_× )
(ウェザーニュース)げ…
嫌です!!
「北海道のシラカバ花粉は、2020年は飛散量が多かったため、来春の飛散は控えめになりそうです。」
良かった…。
花粉症のゆきには辛いお知らせ…
毎年、花粉症で辛いよー( ; ; )という人はリツイート!
ちょっとヤメテー😱
おっふ😦………
毎年増えてませんか…
やっと夏が終わったらつぎは春の心配か💦
ひーーー😱😱
絶望だーーーー!うわーーー!
来シーズンは地獄か?
ガスマスクが活躍してくれるのかな😅
来年はまたヤバそう…(⌒-⌒; )
平年より少なかった今年の花粉量に比べて2倍量…。つまりは平年並みってこと?
花粉対策と感染症対策で来春もマスクは手放せないね。
あーあーあー
こんなもん2倍要らんw
定額給付金を2倍にしてくれw
_ノ乙(、ン、)_
もう来年の花粉症の予測なのか。
会社は頑張りによってどうにか出来ると思ってるけど、このニュースはは結構絶望してる…
来年は花粉が凄そうですね、よかった〜
花粉症持ちとしては、花粉の数ヶ月を考えると2週間の隔離なんてへっちゃらです(笑)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR