TOP > 政治・経済 > ラグビーW杯、4強ならず 南アフリカ戦を分析:日本経済新聞

ラグビーW杯、4強ならず 南アフリカ戦を分析:日本経済新聞

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は4強が出そろいました。南アに敗れた日本戦を含む準々決勝4試合をデータ分析します。...

ツイッターのコメント(14)

(宣伝)日経はインフォグラフィックを追求した「ビジュアルデータ」に力を入れてます。
ラグビー日本代表の試合内容を分析した記事は会員登録しなくても読めるので、ぜひ。
データでみるラグビー W杯決勝トーナメント
ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は南アフリカが3度目の優勝を果たし、閉幕した。決勝トーナメントの各試合をデータ分析する。
データでみるラグビー W杯決勝トーナメント:日本経済新聞
すべて頷ける数字が並んだ。

福岡が走れていないこと、密集で4回ボールを奪われてること、ラインアウトがあかんこと。
これはよくまとまっていますし、ビジュアルも可愛い!
うむ、これ見ると
日本の良さが完全に
潰されてたみたい。
さすが南アとしか
言いようがない。
日本はだいぶ
疲れてたみたいだし。
ラグビーW杯、4強ならず 南アフリカ戦を分析
よく分からん様な
分かった様な
サイトは見易い
面白いデータ。南アのラインアウトとディフェンスの強さがわかる。
わかりやすい分析。
結構互角でいいところもあったんだけれど、やはり南アフリカは突破力や攻撃で一枚上手だったことがはっきり。
日本が今大会初のノートライに終わったラグビーワールドカップ(W杯)の南アフリカ戦。ボールを持って走った回数など日本が優位・互角だった要素もありましたが……。勝敗を分けた差をデータから読み解きます。
非常に分かりやすい。
「相手を後退させるようなドミナントタックルの数では日本の4度に比べ、南アは29度。」
これが一番響いたか。
以上
 

いま話題のニュース

PR