TOP > トラベルWatch > JR四国、新型特...

JR四国、新型特急気動車「2600系」完成 2000系の老朽取替用、各座席にコンセントと大型テーブル装備 - トラベル Watch

27コメント 登録日時:2017-01-30 18:32 | トラベルWatchキャッシュ

 JR四国(四国旅客鉄道)は1月30日、新型の2600系特急形気動車が完成したと発表した。予讃線、土讃線、高徳線で使用中の2000系特急形気動車の老朽取替のための新型車。最高運行速度は120km/h。2両編成が2本の合計4両が完成、2月15日に高松運転所に到着するという。...

Twitterのコメント(27)

8600系の気動車版かな??
新型はもう振り子じゃない。左右派手に振りながら走るの今のうちだ。
発表来てたのねー
旅行したい場所、広島(呉)、大洗、四国
呉は聖地巡礼では無いですよ?w
四国か。新型の2600系に乗る前提で予定組むかな〜w
【鉄道ネタ】JR四国の新型特急用気動車、カッコイイと思う。
「予讃線、土讃線、高徳線で使用中の2000系特急形気動車の老朽取替のための新型車」
万人受けしそうなシンプルなデザインやね
デザインコンセプトは「ネオジャポニスム」
なかなかカッコいいなぁ〜♪
JR四国の特急気動車が新しくなるらしい。
気動車っていうんだ。
2000系の老朽化という言葉に戦慄している
JR四国の特急気動車が新しくなるらしい、。
JR北海道ほどではないにしても、四国も車両代替がなかなか進んでおらず苦しい
-
足まわりに関する言及はほとんどないけど、車体の断面形状からするに空気ばね式車体傾斜装置装備かな?
これはいいデザイン。電車の86(00系)といい、最近のJR四国はいい仕事をしますな。ニュースリリースには書いてなかったけど、気になる振り子機構はおそらく空気バネ傾斜タイプでしょう。
ネオジャポニスムという単語にvaporなアトモスフィアを感じる
車体裾の形状から、振り子ではなく車体傾斜かな??
2000系の老朽取替用、各座席 ... - トラベル Watch
JR四国(四国旅客鉄道)は1月30日、新型の2600系特急形気動車が完成したと発表した。
乗ってみたい(^^)
ついに公式なの出たのか
めっちゃカッコいい!
8600系っぽいところもありつつ、突飛な意匠にならないようにうまくまとめてると思う。
これでTSEは引退か。
JR四国の2000も長いことそのままだったからなぁ
以上

記事本文: JR四国、新型特急気動車「2600系」完成 2000系の老朽取替用、各座席にコンセントと大型テーブル装備 - トラベル Watch

関連記事